女子中学生がiPhoneアプリを開発……サマーキャンプ「Life is Tech!」に品川女子学院が参加 | RBB TODAY

女子中学生がiPhoneアプリを開発……サマーキャンプ「Life is Tech!」に品川女子学院が参加

エンタープライズ その他

品川女子学院中学校の生徒がiPhoneアプリ開発(イメージ)
  • 品川女子学院中学校の生徒がiPhoneアプリ開発(イメージ)
  • 「Life is Tech!」紹介サイトトップページ
 ピスチャーと品川女子学院中学校は27日、コラボレーション企画『女子中学生がiPhoneアプリを開発』を発表した。8月2日~6日の5日間、9月の文化祭クラステーマ「お弁当」に合わせ、「お弁当アプリ」の企画開発を慶應義塾大学SFC校舎にて行う。

 参加を希望した7名がチーム単位で開発。チームには、同世代の灘中学、早稲田中学生スーパープログラマーが助っ人として参加する。また慶應義塾大学SFCの大学院生がインストラクターを行う。開発されたiPhoneお弁当アプリは、品川女子学院文化祭で発表されるほか、アプリ甲子園にも出場し、AppStoreでの公開を目指すという。

 このプロジェクトは、中学生、高校生を対象としたiPhoneアプリ開発やゲームデザインなどの最先端の技術の習得と創造性の育成を目指した、IT教育プログラム「Life is Tech!」(ライフイズテック)の一環で行われるもの。「Life is Tech!」は、夏休みの期間を利用し、一般中学生/高校生を対象に、iPhoneアプリ開発、ゲームデザイン、FLASHアニメーションなど最先端の技術を学ぶサマーキャンプとなっている。7月28日~30日の3Daysキャンプ(東京大学福武ホール)からスタートし、8月26日まで毎週開催予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top