NTTドコモ、3D対応の1,630万画素カメラを搭載した「CA-01C」を16日に発売 | RBB TODAY

NTTドコモ、3D対応の1,630万画素カメラを搭載した「CA-01C」を16日に発売

IT・デジタル モバイル

PRIME series「CA-01C」
  • PRIME series「CA-01C」
  • 「CA-01C」「vivid pink」
  • 「CA-01C」「vivid pink」
  • 「CA-01C」「glass black」
  • 「CA-01C」「pearl white」
 NTTドコモは8日、3D液晶や1,630万画素のカメラを搭載し、防水・防塵に対応したPRIMEシリーズのフィーチャーフォン「CA-01C」を16日に発売すると発表した。

 CA-01Cは1,630万画素の「裏面照射型のCMOSセンサー」と「EXILIMエンジン for Mobile」の画像処理技術により、ノイズが少なく緻密な描写が可能となった。またフルHD(1,920×1,080)動画撮影にも対応し、動画の録画中でも写真撮影が可能な「スチルインムービー」機能を搭載した。さらに3倍デジタルズームに対応。

 ディスプレイは2.4インチのフルワイドVGAディスプレイ(480×854)で、裸眼で3D映像の視聴や、3D写真の撮影もできる。IPX5/8相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能にも対応した。

 サイズは高さ約114mm×幅約51mm×厚さ約16.9mm(最厚部約21mm)、重さ約149g。カラーは「vivid pink」「glass black」「pearl white」の3色。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top