富士通、SMB向けサーバ「TX140 S1」「TX120 S3」「RX100 S7」を販売開始 | RBB TODAY

富士通、SMB向けサーバ「TX140 S1」「TX120 S3」「RX100 S7」を販売開始

 富士通は21日、最新CPUを搭載した1WAYタワー型/ラック型サーバ「PRIMERGY TX140 S1」、1WAYタワー型コンパクトサーバ「PRIMERGY TX120 S3」、および1WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX100 S7」の販売を開始した。

エンタープライズ ハードウェア
「PRIMERGY TX140 S1」(ラック型)
  • 「PRIMERGY TX140 S1」(ラック型)
  • 「PRIMERGY TX140 S1」(タワー型)
  • 「PRIMERGY TX120 S3」
  • 「PRIMERGY RX100 S7」
  • 希望小売価格、および提供時期
 富士通は21日、最新CPUを搭載した1WAYタワー型/ラック型サーバ「PRIMERGY TX140 S1」、1WAYタワー型コンパクトサーバ「PRIMERGY TX120 S3」、および1WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX100 S7」の販売を開始した。

 新機種では、クアッドコアCPU「インテルXeonプロセッサーE3ファミリー」と、デュアルコアCPU「インテルCore i3-2100プロセッサー」「インテルPentiumプロセッサーG620」を採用。「PRIMERGY TX140 S1」は中小規模システムに適した1WAYサーバとなっている。機能強化となる「PRIMERGY TX120 S3」は、従来機種と同じ省スペース性を維持しつつ、新たに3.5インチハードディスクを搭載可能にするとともに、2.5インチハードディスク4本搭載時のバックアップ装置内蔵を可能にし、拡張性を向上させた。なお、「PRIMERGY RX100 S7」では450W電源にて、80 PLUSプログラム最上位のプラチナ認定に準拠する高効率電源ユニットを採用している。

 さらに3機種すべてにおいて、サーバ本体のシステムボード上に標準搭載されているリモート管理用コントローラーを強化。ネットワーク経由でサーバの状態監視や設定、電源制御などを行う際の処理性能および操作性を向上させた。また、オプションとしてサーバ前面部からのLAN接続を可能にした。

 価格はTX140 S1が12万6,900円~、TX120 S3が10万7,900円~、RX100 S7が12万9,900円~で、いずれも出荷は7月上旬より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top