NECグループ、家庭向け節電支援サービス「BIGLOBEエコバードHome」を従業員家庭に導入 | RBB TODAY

NECグループ、家庭向け節電支援サービス「BIGLOBEエコバードHome」を従業員家庭に導入

 日本電気(NEC)は20日、NECビッグローブが7月に発売する家庭向け節電支援サービス「BIGLOBEエコバードHome」を、発売に先駆けてNECグループ従業員の家庭に導入し、夏場の電力ピークカットや継続的な節電活動の支援を開始することを発表した。

エンタープライズ 企業
1時間ごとの実績管理グラフ
  • 1時間ごとの実績管理グラフ
  • 進捗状況はイメージイラストで分かりやすく表示
 日本電気(NEC)は20日、NECビッグローブが7月に発売する家庭向け節電支援サービス「BIGLOBEエコバードHome」を、発売に先駆けてNECグループ従業員の家庭に導入し、夏場の電力ピークカットや継続的な節電活動の支援を開始することを発表した。

 「BIGLOBEエコバード」は、店舗・オフィスなどにおける電力・水・ガスの使用量をWebサイト上で見える化し、複数の拠点を持つ企業の省エネ活動を支援するクラウド型サービス。「BIGLOBEエコバードHome」は、同サービスを一般の家庭向けにカスタマイズしたもので、企業や自治体など、一般家庭の省エネ活動を支援したい法人向けサービスとなる。家庭の分電盤に無線通信を行う計測センサーを設置し、ブロードバンドルータを通して1時間ごとの総電力使用量をサーバへ送信。利用者は、Webサイト上で、電力使用量の変動をグラフで確認できる他、分かりやすいアニメーションで、前日の省エネ達成率を把握できる。各家庭での消費電力が前週のピーク電力を越えると、あらかじめ設定したメールアドレス宛にアラームメールを配信することも可能。

 今回のNECグループ従業員向けの取り組みは、「BIGLOBEエコバードHome」と、NECキャピタルソリューションによる計測器機のリースを組み合わせ、7月より環境・エネルギー事業に関わる従業員の家庭に導入するもの。その後、順次NECグループの一般従業員の家庭へ拡大し、2012年度末までにNECグループ従業員1万世帯への展開を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top