5月ツイートは「AKB総選挙」が話題、メンバー間の傾向も判明?……BIGLOBE調べ | RBB TODAY

5月ツイートは「AKB総選挙」が話題、メンバー間の傾向も判明?……BIGLOBE調べ

 BIGLOBEは6日、Twitter(ツイッター)利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」において、5月の話題度ランキングを発表した。同社の“ツイッターデータ分析サービス”基盤を活用し、ツイート(利用者の投稿)の分析を行ったもの。

ブロードバンド ウェブ
「AKB48」ツイート数の推移
  • 「AKB48」ツイート数の推移
  • AKB ツイート数ランキング
  • 5月のツイート動向(件数推移など)
 BIGLOBEは6日、Twitter(ツイッター)利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」において、5月の話題度ランキングを発表した。同社の“ツイッターデータ分析サービス”基盤を活用し、ツイート(利用者の投稿)の分析を行ったもの。

 それによると、5月の日本の総ツイート数は7億2647万件で、4月の6億6043万件と比べ、10%増となった。また、スマートフォンからの投稿が、はじめて全体の2割を超えた。5月の話題度ランキング(ツイートに含まれるワードとハッシュタグの出現頻度の急上昇度合いをもとに作成)では、引き続き、1位「地震」、2位「電車」だったが、大型連休あけらしく、3位に「授業」(前月26位)、4位に「遅刻」(前月10位)が大幅上昇。そのほか4月に放送開始したアニメの話題などが多くのぼった。

 また有名人関係では、5位に急逝した「児玉清」、8位に「上原美優」がランクインしている。さらに、3月から連続1位をつづけるAKB48が、通常1日2万件のツイートのところ、総選挙投票開始後は倍以上のツイートを集め、5月総数では56万3900件となるなど、ツイッター上でも多くの関心が寄せられていることが判明した。

 なおBIGLOBEでは、6月9日に開催されるAKB48シングル選抜総選挙の立候補者150名に関するツイート情報から、リアルタイムにツイート数ランキング、評価点ランキング、盛り上がり度ランキングを提供する特設サイト「AKB48、SKE48、NMB48評判分析特集」を開設している。6月2日~6月6日のツイート数ランキングでは、1位:前田敦子、2位:大島優子、3位:板野友美、4位:峯岸みなみ、5位:篠田麻里子という結果になっている。

 1位の前田敦子は、言及されたツイート数は多いものも、評判に関してはポジティブ/ネガティブのツイート比率が7:3であったのに対し、2位の大島優子は、ツイート数では劣るものも、評判に関しては8.5:1.5とポジティブなツイートの割合が非常に高い結果となっていたという。映画やドラマの評価なども含まれており、文脈のぶれなどもあるため、かならずしも総選挙に影響するわけではないが気になるところだ。なおBIGLOBEの特設ページでは、言及ツイート数50位までのAKBメンバーがランキングされている。自分の推しメンが今現在何位か、ファンなら要チェックだろう。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top