東芝、グラフィックス強化や地デジ/Blu-ray搭載などハイスタンダード直販限定ノート | RBB TODAY

東芝、グラフィックス強化や地デジ/Blu-ray搭載などハイスタンダード直販限定ノート

IT・デジタル ノートPC
地デジ搭載15.6型「dynabook Qosmio T751」
  • 地デジ搭載15.6型「dynabook Qosmio T751」
  • 15.6型「dynabook Qosmio T751」斜め
  • グラフィックス強化の17.3型「dynabook Satellite T571」
  • 17.3型「dynabook Satellite T571」斜め
 東芝は2日、webオリジナルモデルのハイスタンダードノートPCで17.3型「dynabook Satellite T571」と15.6型「dynabook Qosmio T751」を発表した。6月中旬からの販売開始に向けて同社直販サイトにて受注を開始した。

■17.3型ハイスタンダードノート「dynabook Satellite T571」

 2モデルをラインアップし、Microsoft Office Home and Business 2010プリインストールモデルを用意。同社直販サイト価格として、Core i7-2630QM(2GHz/4コア8スレッド)搭載グラフィック強化モデル「dynabook Satellite T571/W5TC」は155,800円~。Core i5-2410M(2.3GHz/2コア4スレッド)搭載モデル「dynabook Satellite T571/W4MC」は135,800円~。

 Core i7搭載「dynabook Satellite T571/W5TC」は、グラフィックスに専用メモリ1GBのNVIDIA GeForce GT 540Mを採用。ストレージは640GB HDD。Core i5搭載「dynabook Satellite T571/W4MC」はCPU内蔵のインテルグラフィックスHD3000で、ストレージは320GB HDDとなる。

 2モデル共通で、解像度1,600×900ピクセルで省電力LEDバックライト付き17.3型液晶を搭載。ディスプレイの明るさやCPUの性能調整など、最適な省エネモードにワンタッチで切り替えできる「ecoボタン」を採用する。

 メモリは4GB、光学ドライブはBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)で、harman/kardonステレオスピーカーとモノラルマイク、約30万画素webカメラを内蔵。マルチメディアに対応する。

 OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版(SP1適用済み)、無線LANは802.11b/g/n、本体サイズは幅413.6×高さ28~36×奥行き274mm、重さは約3.2kg。

■15.6型ハイスタンダードAVノート「dynabook Qosmio T751」

 2モデルをラインアップし、Microsoft Office Personal 2010プリインストールモデルを用意。同社直販サイト価格として、Core i7-2630QM(2GHz/4コア8スレッド)搭載モデル「dynabook Qosmio T751/WTTC」は145,800円~。Core i5-2410M(2.3GHz/2コア4スレッド)搭載モデル「dynabook Qosmio T751/WTMC」は140,800円~。

 CPUを除けば2モデル共通で、解像度1,366×768ピクセルで省電力LEDバックライト付き15.6型液晶を搭載。地デジチューナーを装備し(テレビリモコン付属)、光学ドライブはBlu-rayディスク(DVDスーパーマルチ機能付き)、harman/kardonステレオスピーカーとモノラルマイク、約100万画素webカメラを内蔵したAV仕様となる。

 ディスプレイの明るさやCPUの性能調整など、最適な省エネモードにワンタッチで切り替えできる「ecoボタン」を採用。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版(SP1適用済み)、メモリは4GB(最大8GB)、ストレージは640GB HDD、グラフィックスはCPU内蔵インテルHD 3000、無線LANは802.11b/g/n、本体サイズは幅387.6×高さ29.1~34.8×奥行き266.8mm、重さは約3kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top