NTT西日本、各種ICT活用を提案する「モデルオフィス」を大阪・名古屋・福岡に開設 | RBB TODAY

NTT西日本、各種ICT活用を提案する「モデルオフィス」を大阪・名古屋・福岡に開設

エンタープライズ 企業

展示コーナー イメージ
  • 展示コーナー イメージ
  • モデルオフィス イメージ
  • モデルオフィス 概要
 NTT西日本は26日、各種ICTソリューションや社員同士の多様なコミュニケーションを可能とするオフィスデザインを導入した「NTT西日本 モデルオフィス」を大阪、名古屋、福岡の3拠点に開設することを発表した。6月1日から法人顧客向けに公開する。

 従来のエコオフィス環境の取り組みを発展させ、オフィスにおける「省エネルギー」に加えて、「業務の効率化」「セキュリティーの向上」「BCP(事業継続計画)対策」に関わるICTソリューションや端末機器を実際のオフィス環境に導入し、サービスを体感できるモデルオフィスを構築する。モデルオフィスは「実際のオフィス環境」と「展示コーナー」で構成され、4つの観点から、業務の生産性や創造性の向上に役立つICTソリューションや情報機器を紹介するものとなる。

 省エネルギー分野として「エネルギー見える化システム」「プリンタFAX複合機」、業務効率化分野として「多地点接続テレビ会議」「高機能ビジネスフォン」「e-ラーニングシステム」、セキュリティー向上分野として「シンクライアントシステム」「ICカード認証による複合機」、BCP対策として「データセンター」「クラウドサービス」「リモートアクセスシステム」「社員安否確認システム」等を展示・紹介する。さらに他企業とのアライアンスにより新たなビジネスを創造するための場としても、本モデルオフィスは活用される予定。

 「NTT西日本 モデルオフィス」は、大阪市西区阿波座2-1-11 NTT阿波座ビル、名古屋市中区大須4-9-60 NTT上前津ビル、福岡市博多区博多駅東3-2-28 NTT新博多ビルに開設される予定。公開時間は平日の10~17時。5月26日より利用予約の受付を開始する(個人の見学不可)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top