サムスン、専用メガネやゲームソフトウェアを同梱した3D液晶ディスプレイ | RBB TODAY

サムスン、専用メガネやゲームソフトウェアを同梱した3D液晶ディスプレイ

IT・デジタル 周辺機器

23/27型が販売されるSA950シリーズ
  • 23/27型が販売されるSA950シリーズ
  • 広視野角のアクティブシャッター方式を採用
  • 3D専用メガネ/3D Gameソフトウェア/Display Portケーブルを同梱
  • スリムデザインの3D液晶ディスプレイ
  • Bluetooth接続の専用3Dメガネを同梱
  • スタンドの幅は185mm
 日本サムスンは23日、専用メガネやゲームソフトウェアなどを同梱したAll-in-Oneパッケージの3D液晶ディスプレイ「SA950シリーズ」を発表した。販売開始は6月中旬。予想実売価格は23型ワイドが50,000円台、27型ワイドが70,000円台。

 同製品は、同社独自開発の120Hz対応3D Hyper Real Engineを搭載した3D液晶ディスプレイ。ウルトラクリアパネルと360度どこからでも視聴できる広視野角のアクティブシャッター方式を採用したほか、モニター表面の「3D Hot Keyボタン」で2Dから3Dへの疑似変換を可能とする。

 パッケージには本体のほか、3D専用メガネ/3D Gameソフトウェア「TriDef 3D」/Display Portケーブルを同梱。HDMI 1.4/Display Port 1.2/DVI-D Dual Linkの搭載により、PC以外のゲーム機やBlu-rayプレーヤーなどに対応する。また、対応する映像フォーマットは、Frame Sequential/Frame Packing/Side by Side/Top&Bottomとなり、3D放送なども視聴可能。

 付属の3D専用メガネは同社独自開発となり、Bluetooth方式を採用。従来品に比べて開口時間が長くより明るい環境で視聴できるほか、Bluetooth接続のため干渉を受けずちらつきを低減した通信を実現するとした。ボタン電池式タイプで最大70時間の視聴となるが、オプションとして最大40時間の視聴が可能なUSB充電式タイプもラインアップしている。

 23型の「S23A950D」と27型の「S27A950D」のおもな共通スペックは、視野角(水平/垂直)は(2D)170度/160度、応答速度は2ms。最大解像度は1,920×1,080ピクセル、水平走査周波数は30〜140kHz、垂直走査周波数は50/60/100/120Hz。ダイナミックコントラスト比は1,000:1(DC 500万:1)
。インターフェイスはDisplayPort 1.2/HDMI 1.4、DVI-D(Dual Link)など。

 23型は、輝度が250cd/m2。本体サイズ(スタンドあり)は幅533×高さ424.5×奥行き185.5mm、重さは5.5kg。27型は、輝度が300cd/m2。本体サイズ(スタンドあり)は幅621×高さ474×奥行き185.5mm、重さは5.9kg。
《》

関連ニュース

特集

page top