ブランドダイアログとシステムエグゼ、Lotus Notes/Domino移行サービスで協業強化 | RBB TODAY

ブランドダイアログとシステムエグゼ、Lotus Notes/Domino移行サービスで協業強化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

移行サービスの内訳
  • 移行サービスの内訳
  • 「GRIDYグループウェア」ポータル画面
 ブランドダイアログ(BD)とシステムエグゼは11日、販売パートナー契約を締結したことを発表した。Lotus Notes/Dominoユーザー企業に対して、BDのSaaS型営業支援SFA・顧客管理CRM統合ビジネスアプリ「Knowledge Suite」への移行支援を共同で推進する。

 BDでは中堅・大手企業からのNotesマイグレーションに関わる相談が増加傾向にあるとのことで、すでに数案件を進行させており、初年度10案件の獲得を目指すとしている。具体的な移行支援としては、現在のNotes活用状況から機能を切り出し、移行を短期間・低コストを実現するコンサルテーション業務を実施。多くの企業のNotes移行を支援してきたコンサルタントがサポート、綿密なプランニングと移行ツールの活用を行う。

 「Knowledge Suite」とは、GRIDYグループウェアを基盤とした、SaaS型リード育成基盤 営業支援SFA/顧客管理CRM統合 ビジネスアプリケーション。今回のサービスでは、文書管理やワークフロー、掲示板などグループウェア機能はもとよりSFA・CRMまでの機能を持つ「Knowledge Suite」への移行することで、短期間・低コストで、Webベースの新情報基盤へ移行できるとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top