大塚商会×日立×日本オラクル、中堅企業向けBI/DWHソリューションを発表 | RBB TODAY

大塚商会×日立×日本オラクル、中堅企業向けBI/DWHソリューションを発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Oracle BI/DWH Packハイグレードモデル データ量1TB想定
  • Oracle BI/DWH Packハイグレードモデル データ量1TB想定
  • Oracle BI/DWH Packスタンダードモデル データ量500GB想定
  • Oracle BI/DWH Pack基本構成
  • ビジネス・インテリジェンスユーザー画面
 大塚商会、日立製作所、日本オラクルは25日、中堅企業向けアプライアンス型ビジネスインテリジェンス/データウェアハウス(BI/DWH)ソリューション「Oracle BI/DWH Pack」を発表した。4月26日から提供を開始する。

 「Oracle BI/DWH Pack」は、日立のハードウェアと、オラクルのソフトウェアを、大塚商会が組み合わせてシステム構築し、保守サービスもあわせて提供するBI/DWHソリューションとなる。主に年商100億円以上の中堅企業層が対象。製造業における幅広い部品や製品の生産、在庫や売上の各拠点別情報、小売業における多種多量の商品の販売や仕入れ、顧客の各店舗別情報を、統合管理して分析する基盤を想定している。提供にあたり、大塚商会と日立が日立社内に共同で開設した「BI/DWH検証センター」にて、システム性能や信頼性などを含め、BI/DWHシステム用途に最適なハードウェア構成の事前検証を3社共同で実施済みだという。

 性能面では、日立のアドバンストサーバ「HA8000シリーズ」、ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2100」と、オラクルの「Oracle Database 11g」のインメモリ技術「In-Memory Parallel Execution」およびデータ圧縮技術「Advanced Compression」、パーティショニング技術を活用することで、データ処理の高速化を実現した。

今後大塚商会と日立は、両社で開設した「BI/DWH検証センター」を核として、「Oracle BI/DWH Pack」をはじ
めとしたBI/DWHシステムの開発やシステム検証・構築を共同で推進していく。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top