シャープ、起動/ダビング/再生が速いBlu-rayディスクレコーダー | RBB TODAY

シャープ、起動/ダビング/再生が速いBlu-rayディスクレコーダー

IT・デジタル レコーダー

「BD-HDW80」(1TB)
  • 「BD-HDW80」(1TB)
  • 「BD-HDW75」(500GB)
  • 「BD-HDW73」(320GB)
 シャープは8日、Blu-rayディスクレコーダーAQUOSブルーレイ」の新製品として、起動/ダビング/再生を高速化した3機種を発表した。販売開始は27日。価格はオープン。

 3機種のラインアップと予想実売価格として、内蔵HDDの容量が1TBの「BD-HDW80」は110,000円前後、同500GBの「BD-HDW75」は90,000円前後、同320GBの「BD-HDW73」は80,000円前後。

 3機種ともすべて、電源待機状態から番組表や録画リストなどを約1秒で起動できる「高速一発起動」を搭載。また、「DRモード」(デジタル放送そのままの画質)でHDDに録画した番組を長時間モード画質に変換し、録画時間の半分の短時間でHDDからBlu-rayディスクへダビングできるという。

 さらに、「高速BDドライブメカ」の採用により、同社従来品「BD-HDW70」(2010年7月発売)との比較で、Blu-rayディスクの読み込み時間を約半分に短縮。起動/ダビング/再生の高速化を図った。

 また、ワイヤレスで「アクトビラ ビデオ・フル」や「ホームネットワーク機能」を楽しめる「無線LANユニット」を搭載。接続設定機能のある機器との設定がワンボタンで行なえる「かんたんLAN設定」機能に対応した。また、今後発売予定のモバイル端末とも連携し、内蔵HDDに録画した番組をホームネットワーク経由で別の部屋で視聴できるようになるという。

 そのほかの特長として、ダブルの地上・BS・110度CSデジタルとシングルの地上アナログテレビチューナーを搭載し、2番組の同時録画に対応。「スカパー!HD録画」との組み合わせで「3番組同時録画」も行なえる。また、「新・高速トランスコーダー」と「微細化高画質」機能を装備することで、約12倍の長時間モード録画が可能。2番組同時の長時間モード録画中にBlu-rayディスクの再生や高速ダビングが並行できる「録る+見る」にも対応する。

 また、大容量規格「BDXL」に対応し、1枚のBlu-rayディスクに最長約104時間のハイビジョン録画が可能。「ブルーレイ3D」にも対応し、3Dテレビと接続することで3Dの立体視を楽しめるという。

 おもな仕様として、インターフェースはHDMI/光デジタル音声/LAN/USB/i.LINKなど。本体サイズは幅430×高さ58×奥行き235mm(突起部除く)。重さは、「BD-HDW80」(1TB)が約3.5kg、ほかは約3.4kg。付属品はリモコン/リモコン用乾電池/アンテナケーブル/HDMIケーブル(2m・金メッキ処理)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top