NEC、モルジブの光海底ケーブルプロジェクトを一括受注 | RBB TODAY

NEC、モルジブの光海底ケーブルプロジェクトを一括受注

ブロードバンド 回線・サービス

敷設ルート
  • 敷設ルート
  • プロジェクト概要
 NECは7日、モルジブ共和国の最大手通信事業者ディラーグ社から光海底ケーブルシステムの設備調達から敷設工事までを一括受注したことを発表した。初期伝送容量は毎秒40ギガビット(Gbps)。

 モルジブは約1,200の島々から成り、同国内の通信は主に伝送容量の小さいマイクロ波または衛星通信で行われているが、慢性的な伝送容量不足となっており、光海底ケーブル通信への移行が段階的に行われている。今回のプロジェクト「Dhiraagu Domestic Submarine Cable Network(DDSCN)」は、モルジブの首都マーレを拠点に、南北に延びる全8島を結ぶ、総延長約1,017キロメートルの光海底ケーブルシステムとなる。

 すでにNECは、2007年1月にモルジブとスリランカを結ぶ国際光海底ケーブルシステム、モルジブ国内5島を結ぶ国内光海底ケーブルシステムを完成させている。今回受注したシステムは、同システムと接続される予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top