KDDI、米Googleらと共同でアジアの光海底ケーブル建設 | RBB TODAY

KDDI、米Googleらと共同でアジアの光海底ケーブル建設

ブロードバンド その他
日本とシンガポールの間を接続する「South-East Asia Japan Cable」
  • 日本とシンガポールの間を接続する「South-East Asia Japan Cable」
  • 日本〜米国間光海底ケーブル「Unity」
 KDDIは10日、アジアの光海底ケーブル建設を発表した。Globe Telecom(フィリピン)、Google(米国)、Network i2i(インド)、Reliance Globalcom (バミューダ)、Telemedia Pacific Inc.,Ltd. (香港/インドネシア) と建設保守協定を結び、日本とシンガポールの間を接続する「South-East Asia Japan Cable」を建設する。総建設費約4億米ドル (約360億円)。2012年の運用開始を目指す。

 「South-East Asia Japan Cable」は日本とシンガポールを直接接続。香港、フィリピン、インドネシアに分岐する総延長約8,300kmの光海底ケーブルとなる。初期の設計容量は17Tbpsで、最大23Tbpsまでの容量拡張が可能。日本をハブとして、シンガポール、香港のデータセンターと米国のデータセンターとの間をシームレスに接続するため、シンガポールと香港でケーブル陸揚げ局からデータセンターまでを直接接続する予定。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top