日本HP、直販では最小で2万円台のマシンも……デスクトップ2010年冬モデル | RBB TODAY

日本HP、直販では最小で2万円台のマシンも……デスクトップ2010年冬モデル

IT・デジタル デスクトップPC

ミニタワータイプで最上位機種の「HP Pavilion Desktop PC HPEシリーズ」
  • ミニタワータイプで最上位機種の「HP Pavilion Desktop PC HPEシリーズ」
  • 「HP Pavilion Desktop PC p6000シリーズ」
  • 「HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ」
  • 「HP Omni 100」
  • 「HP All-in-One PC200」
  • 「HP TouchSmart 310PC」
  • 「HP TouchSmart 600PC」
 日本ヒューレット・パッカード(HP)は30日、個人向けデスクトップPCの2010年冬モデルを発表した。同日から順次発売を開始する。

■セパレートは3タイプ、最上位機種は最新ゲーム対応

 セパレート型のデスクトップPCはミニタワータイプで最上位機種の「HP Pavilion Desktop PC HPEシリーズ」、コストパフォーマンスに優れた「HP Pavilion Desktop PC p6000シリーズ」、スリムタワータイプの「HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ」の3種類。

 全機種クワッドコアCPUを採用した「HP Pavilion Desktop PC HPEシリーズ」は、“ゲームPC”をうたい、量販店モデルはPC版「ファイナルファンタジーXIV」推奨モデルとなる。量販店モデル「HP Pavilion Desktop PC HPE 390jp」のおもな仕様は、Core i7-930(2.8 GHz)/メモリ12GB(最大24GB)/Windows 7 Professional(64ビット版)/80GB SSD+2TB HDD/Blu-rayディスクドライブ/ GeForce GTX460(1GB)。予想実売価格は230,000円前後。なお、直販モデルでは、6コアのCore i7-980X Extreme Edition(3.33 GHz)を採用し、「ファイナルファンタジーXIVコレクターズエディション」と、「ファイナルファンタジーXIV推奨ゲームパッド」とのセットモデルも発売され、こちらの価格は221,760円~。

 「HP Pavilion Desktop PC p6000シリーズ」の量販店モデルは、最小スペックがCore i3-550(3.2GHz)/メモリ4GB/500GB HDD/DVDスーパーマルチ搭載ながら60,000円前後~となる。また、直販仕様には2万円台~(29,820円~)のモデルも存在する。本モデルのおもな仕様はCeleron 450(2.2GHz)/メモリ1GB/250GB HDD/DVD-ROMドライブ。

 「HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ」の量販店モデルは、最小スペックがCore i3-550(3.2GHz)/メモリ2GB/500GB HDD/DVDスーパーマルチにOffice Personal 2010と18.5型液晶が付属して110,000円前後~。量販店モデルにはデジタル3波ダブルチューナーモデルも用意した。また、直販仕様はAMD製のAthlon II X2 220(2.8GHz)/メモリ2GB/250GB HDD/DVDスーパーマルチを搭載したモデルが39,900円~となっている。

■液晶一体型にシンプルなエントリーモデル「HP Omni 100」を投入

 液晶一体型は4種類。20型液晶(1,600×900ピクセル)の「HP Omni 100」、21.5型フルHD液晶の「HP All-in-One PC200」、20型タッチパネル液晶(1,600×900ピクセル)の「HP TouchSmart 310PC」、大画面23型フルHD液晶の「HP TouchSmart 600PC」のラインアップとなっている。

 「HP Omni 100」は、これまでのエントリーモデル「MS200」の後継としながら、液晶サイズを18.5型から20型にスペックアップ。地デジやタッチパネルを搭載しないシンプルモデルとした。量販店モデルのおもな仕様はAthlon II X2 270u(2GHz)/Windows 7 Professional(64ビット版)/メモリ4GB/500GB HDD/DVDスーパーマルチを搭載し、100,000円前後。直販仕様の最小構成はAthlon II X2 270u(2GHz)/Windows 7 Home Premium(64ビット版)/メモリ4GB/320GB HDD/DVDスーパーマルチを搭載し、6万円を切る59,850円~となっている。

 「HP All-in-One PC200」は、デジタル3波チューナーを搭載したテレビモデル。最小スペックの量販店モデルは、Core i3-550(3.2GHz)/Windows 7 Home Premium(64ビット版)/メモリ4GB/640GB HDD/DVDスーパーマルチで100,000円前後~。テレビチューナーがつかない直販仕様の最小スペックはCore i3-550(3.2GHz)/Windows 7 Home Premium(64ビット版)/メモリ2GB/250GB HDD/DVDスーパーマルチで69,720円~。

 「HP TouchSmart 310PC」は直販のみの展開。自立型スタンドを用いた新デザインとなった。直販の最小スペックはクワッドコアのAthlon II X4 605e(2.3GHz)/Windows 7 Home Premium(64ビット版)/メモリ4GB/500GB HDD/DVDスーパーマルチで79,800円~。

 最上位の「HP TouchSmart 600PC」は、デジタル3波チューナー搭載のタッチ式テレビモデル。最小スペックの量販店モデルは、Core i5-520M(2.4GHz)/Windows 7 Home Premium(64ビット版)/メモリ4GB/1.5TB HDD/Blu-rayディスクドライブ/ GeForce G210(専用メモリ512MB)で180,000円前後。なお直販では、デジタル3波チューナー付きながら109,830円から選択できる。
《小口》

関連ニュース

特集

page top