【地震】東京電力、汚染水を海へ放出 | RBB TODAY

【地震】東京電力、汚染水を海へ放出

ブロードバンド 回線・サービス

福島第1原発 第3号機
  • 福島第1原発 第3号機
  • 福島第1原発 第4号機
  • 中央制御室の中で機器の記録を記載する作業員
  • 福島第一原子力発電所3号機(21日17時15分、撮影:東京電力)
 東京電力は4日、放射能の汚染水を海洋へ放出すると発表した。

 放出されるのは集中廃棄物処理施設内に溜まっている低レベルの滞留水(約1万トン)と、5号機および6号機のサブドレンピットに保管されている低レベルの地下水(延べ1,500トン)。福島第一原子力発電所タービン建屋内に存在している多量の放射性廃液、特に2号機の極めて高いレベルの放射性廃液を安定した状態で保管するための措置で、新たな液体を受け入れるための手段となる。

 低レベル滞留水等の海洋放出にともなう影響としては、近隣の魚類や海藻などを毎日食べ続けると評価した場合、成人の実効線量は、年間約0.6ミリシーベルトと評価しており、これは、一般公衆が自然界から受ける年間線量(2.4ミリシーベルト)の4分の1としている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top