ノートPCの画面をディスプレイ/プロジェクター表示できるUSBアダプタ | RBB TODAY

ノートPCの画面をディスプレイ/プロジェクター表示できるUSBアダプタ

IT・デジタル 周辺機器

「500-KC007」の液晶ディスプレイとの利用イメージ
  • 「500-KC007」の液晶ディスプレイとの利用イメージ
  • プロジェクターとの利用イメージ
  • 本体
  • 側面のインターフェース
 サンワサプライは1日、同社直販サイト「サンワダイレクト」にて、ノートPCの2画面表示を可能にするHDMI対応ディスプレイ/プロジェクター接続用USBアダプタ「500-KC007」を発売した。直販価格は7,980円。

 「500-KC007」は、HDMIポートを備えたUSB外付けアダプタ。ディスプレイとはHDMIで、ノートPC/ネットブックとはUSBで接続すれば、ディスプレイ側をサブディスプレイとして利用できる。また、HDMIで接続できるプロジェクターにも対応する。

 2画面の表示方法は、PC画面からさらに表示範囲を広げる「拡張モード」と、PC画面を複製する「クローンモード」、HDMI接続側だけを表示する「出力限定モード」の3種類から設定可能。最大解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHDで、映像だけでなく音声も伝えられる。

 対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista(32/64ビット版)/XP(SP2/SP3)。インターフェースはHDMI/ミニUSB2.0(1.1は非対応)。バッテリはUSBバスパワー。本体サイズは幅96×高さ18×奥行き80mm、重さは約80g。付属品は専用ドライバ収録CD、UAB Aコネクタオス-ミニUSB Bコネクタオスケーブル(約90cm)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top