【地震】イチロー選手、1億円を寄付・・・マリナーズではチャリティイベントも実施 | RBB TODAY

【地震】イチロー選手、1億円を寄付・・・マリナーズではチャリティイベントも実施

エンタメ その他

シアトル・マリナーズのイチロー選手は、自身のマネジメント会社「バウ企画」を通じて日本赤十字社に1億円を寄付しました。ウェブサイトで明らかにされたもの。

イチロー選手は2月に新燃岳噴火の宮崎県に対し、ふるさと納税制度を使って1000万円を寄付したばかりで、過去には2000年の豪雨被害を受けた愛知県に衣類1500点(約1300万円相当)、1998年に神戸市へ震災復興のためとして1000万円を寄付するなど社会貢献に積極的に取り組んでいます。

また、イチロー選手が所属するマリナーズは日本への支援として本拠地であるセーフコ・フィールドの開幕から6試合で様々なチャリティーイベントを実施することを明らかにしています。球場でサイン入りボールなどのオークションや赤十字による募金活動を実施。災害地への支援となります。

球団CEOのハワード・リンカーン氏は「マリナーズは今回の巨大な地震と津波によって被害を受けた多くの人々に対する世界中の激励の声に加わりたいと思います。マリナーズとシアトルの街は日本と長く深い関係を築いてきました。特にマリナーズは京都や東京などに住む任天堂の人々や日本中のファンととても近い存在でした。私たちは、いま非常に大きな試練に直面している全ての人々を想い幸運のあることを祈っています。」とコメントしています。

リンカーン氏の古巣で、マリナーズの親会社である任天堂も3億円を義援金として送ることを決定しています。

【東日本大地震】イチロー選手、1億円を寄付・・・マリナーズではチャリティイベントも実施

《土本学 / Mr.Cube@INSIDE》

関連ニュース

特集

page top