NEC、デジカメ動画撮影中の雑音を抑える技術がカシオ製品に採用 | RBB TODAY

NEC、デジカメ動画撮影中の雑音を抑える技術がカシオ製品に採用

 NECは16日、同社が開発した、デジタルカメラの動画撮影において光学ズーム時に発生する雑音を抑圧する技術が、デジタルカメラ「EXILIM EX-ZR10」(カシオ計算機製)に、システムLSI上の組み込みソフトウェアとして採用されたことを公表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「EXILIM EX-ZR10」(カシオ計算機製)
  • 「EXILIM EX-ZR10」(カシオ計算機製)
 NECは16日、同社が開発した、デジタルカメラの動画撮影において光学ズーム時に発生する雑音を抑圧する技術が、デジタルカメラ「EXILIM EX-ZR10」(カシオ計算機製)に、システムLSI上の組み込みソフトウェアとして採用されたことを公表した。

 デジタルカメラの動画撮影においてズーム操作を行うと、レンズの駆動により発生する音が、雑音として集音マイクに収集される。今回採用された技術は、レンズ駆動で生じる雑音の基本的な特徴をあらかじめ保持しておき、実際の雑音に合わせて修正を加えてからマイク信号から減算することで、雑音を抑圧するもの。レンズや集音マイクの個体差に自動的に適応しており、個別調整は不要で演算量も最適化されているため、デジカメに搭載されたプロセッサでもリアルタイム処理が可能となっている。

 デジタルカメラの動画撮影で発生する雑音減少のために、従来のデジタルカメラでは、高価な静音モーターの採用、モーター駆動速度の制限、モーター駆動音が特に強い周波数成分を通さないフィルタの適用などが行われていた。本技術を利用することで、音声や周囲の環境音を残したまま、モーターの動作により発生する雑音だけを抑圧可能とのこと。2009年11月にNECより本技術は発表済みとなっていた。

 「EXILIM EX-ZR10」は2010年11月発売。露出の異なる連写画像を合成し、高精度な画像解析をもとに芸術的な作品を創り出す「HDRアート」に対応したのが特長のほか、広角28ミリからの光学7倍ズームレンズを搭載し、最大14倍まで精緻な画質を保ったままズーム撮影が可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top