KDDI研、楽曲スライドショー自動生成システムを開発……歌詞に合う画像をネットから自動収集 | RBB TODAY

KDDI研、楽曲スライドショー自動生成システムを開発……歌詞に合う画像をネットから自動収集

 KDDI研究所と早稲田大学は7日、歌詞の雰囲気に適した写真をネット上から収集し、効果的に楽曲と同期させて再生可能な「楽曲スライドショー自動生成システム」を開発したことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
楽曲スライドショー自動生成システムの処理の流れ
  • 楽曲スライドショー自動生成システムの処理の流れ
 KDDI研究所と早稲田大学は7日、歌詞の雰囲気に適した写真をネット上から収集し、効果的に楽曲と同期させて再生可能な「楽曲スライドショー自動生成システム」を開発したことを発表した。

 このシステムは、歌詞付きの楽曲を入力するだけで手軽に良質な楽曲スライドショーを自動で作成できるもの。楽曲の歌詞を解析し、楽曲の雰囲気に適した良質な写真をネット上から自動で検索し、楽曲と同期させて再生する楽曲スライドショーを自動で作成する。

 歌詞全体から季節や時間帯などの印象情報を推定し、楽曲の進行に同期した良質な写真を「Flickr」などのタグ付き写真共有サイトから収集するための検索キーワードを抽出、収集したタグ付き写真からの印象に合致した写真を自動選定し、歌詞の進行に同期した写真切替タイミングを制御する。システムの性能を検証するために、一般の20~50代の男女一般42名を対象として、歌詞に含まれる単語を用いて写真を検索する従来方式との比較実験を行ったところ、約8割の被験者が、提案システムによって作成された楽曲スライドショーのほうが歌詞の情景に適しているなど、完成度が高いと評価したという。

 今後はシステム動作の高速化を図ったうえで、デジタルフォトフレームやスマートフォンなどの携帯端末上での楽曲スライドショーアプリとして実用化に向けた検討を進める予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top