NTTグループ、クラウドやNGNを活用する「教育スクウェア×ICT」の実証実験を実施 | RBB TODAY

NTTグループ、クラウドやNGNを活用する「教育スクウェア×ICT」の実証実験を実施

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

“教育スクウェア×ICT”の取り組みイメージ
  • “教育スクウェア×ICT”の取り組みイメージ
 NTTグループは31日、全国4自治体の公立小学校計8校、学識経験者、教育事業者等の協力を得て、2011年度第1四半期から「教育スクウェア×ICT」フィールドトライアルを開始することを発表した。

 このトライアルは、2011年度第1四半期から最長3年間行うもので、学識経験者、教育事業者等の国内外のパートナーや家庭・地域コミュニティ、国や民間の教育ICT化の取り組みと連携して実施される。全国4自治体の公立小学校計8校で、1学年(5年生)を対象に、算数/理科/社会等の授業で、コンテンツ・アプリケーション・ネットワーク・端末などICTを活用した新しい教育の環境をトータルで提供し、新たな学びの実現をサポートしていく。今後、中学校(英語)での実施も検討される予定。

 具体的には、家庭と学校をつなぐICT環境を提供するほか、校内LANやクラウドを用いたデジタル教科書(新指導要領準拠)や教材の配信、先生や児童生徒が安心して使えるサポート体制(支援員やサポートセンターの設置)、高いセキュリティを持つNGNの提供などを行う。学校ポータル(先生用・児童生徒用)、授業シナリオ作成ツール、校務システム、デジタル教材ライブラリ、ラーニングマネジメントシステム(LMS)なども広範に扱うとともに、電子黒板、先生用/児童生徒用端末なども活用する。

 対象校は、秋田県八峰町の八森小学校、塙川小学校、水沢小学校、鹿児島県与論町の茶花小学校、那間小学校、与論小学校、神奈川県川崎市の南百合丘小学校、新潟県関川村の関川小学校。中学校についても、実施方法や対象校について検討中。なお、アルク、開隆堂出版、学研ホールディングス、東京書籍、東芝、日本電気、ベネッセコーポレーションなどの企業が賛同を表明している。

 現在、電子黒板、タブレット端末など新たな情報機器や優れたデジタル教材も多数登場し、教育分野におけるICT利活用について、その重要度が高まっている。NTTグループでは、教育分野におけるICT利活用の知見を蓄積し、将来の事業展開に役立てていくための先行的な取り組みとして、また国の教育ICT化の取り組みをサポートし補完するため、今回のトライアルを実施するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top