サイバーエージェントとミクシィ、ソーシャルアプリ事業会社「グレンジ」を共同設立 | RBB TODAY

サイバーエージェントとミクシィ、ソーシャルアプリ事業会社「グレンジ」を共同設立

エンタープライズ 企業

 サイバーエージェントとミクシィは25日、合弁会社となるmixiアプリプラットフォーム向けソーシャルアプリ事業会社「グレンジ」を設立することを発表した。2月1日設立で、出資比率はサイバーエージェント51%、ミクシィ49%。資本金は5000万円。

 「株式会社グレンジ」(Grenge, Inc.)は、mixiアプリ(モバイル版およびスマートフォン版)を開発・運営するソーシャルアプリ事業の合弁会社となる。サイバーエージェントグループにおけるソーシャルアプリ運営のノウハウと、SNSとしてミクシィが保有するソーシャル性の高いアプリプラットフォームの強みを活かし、実際の友人・知人とのつながりを持つmixiに最適なヒットソーシャルアプリの開発・運営を行う。2011年9月期には売上高5億円を目指す。

 ちなみに、現在サイバーエージェントグループでは、登録者数100万人以上のアプリを含む計25個のモバイルソーシャルアプリを運営し、これらの延べ登録者数は1,000万人以上となっている(2011年1月現在)。一方で、ミクシィはユーザー数2,190万人(2010年10月31日時点)のSNSとして、プラットフォーム開放を進めている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top