NEC、ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE」を強化 ~業界初のシャーシ内蔵型「UPSユニット」 | RBB TODAY

NEC、ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE」を強化 ~業界初のシャーシ内蔵型「UPSユニット」

 NECは20日、ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE(シグマブレード)」において、中堅中小市場向け製品ラインアップをあらたに発表した。ブレードシャーシに収納可能なUPS(無停電電源装置)ユニットやテープバックアップ装置を、業界で初めて製品化する。

エンタープライズ ハードウェア
「SIGMABLADE」とテープブレード「AT101a」
  • 「SIGMABLADE」とテープブレード「AT101a」
  • SIGMABLADE-M専用「UPSユニット」とSIGMABLADE-M専用「IO共有スイッチ」
  • 新製品の希望小売価格(最小構成)ならびに出荷時期
 NECは20日、ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE(シグマブレード)」において、中堅中小市場向け製品ラインアップをあらたに発表した。ブレードシャーシに収納可能なUPS(無停電電源装置)ユニットやテープバックアップ装置を、業界で初めて製品化する。

 SIGMABLADE-M専用「UPSユニット」は、小型のブレードシャーシ「SIGMABLADE-M」に収納可能なUPSユニット。ラックスペースを占有することなく、ブレードシステムの停電対策を行うことが可能。ニッケル水素バッテリを採用しており、鉛バッテリを使った一般的なUPSと比べて、小型・軽量化、長寿命、充電時間の短縮などを実現した。同製品はすでに出荷・販売が開始となっている。また同じくブレードシャーシに内蔵可能な「IO共有スイッチ」を2011年度第1四半期(4~6月期)に製品化予定。同スイッチに搭載している拡張カード(FCカード、SASカード等)を、複数のブレードサーバで共有することが可能とのこと。構成の変更はソフトウェアで簡単に行うことができる。またLTO4対応のブレードシャーシ内蔵型テープ装置「AT101a」も20日より発売。非圧縮データで最大800GBをバックアップ可能な製品となっている。

 統合管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter」においては、SIGMABLADEとの連携機能やリソース管理機能を強化した製品を、2011年度第1四半期(4~6月期)に製品化する予定となっている。「IO共有スイッチ」と併せて利用することで、ブレードシステムの可用性・運用性をさらに向上することが可能。

 なお、今回強化された製品などをセット化した「SIGMABLADEシステム統合基本セット」を製品化するとともに、最新のインテルXeonプロセッサー5600番台を搭載したブレードサーバ本体3モデルや、増設HDDブレード「AD106b」の販売を開始する。

 販売面の強化として、クラウド・コンピューティングやシステム統合、仮想化等の案件を支援する専門組織「ITNWソリューションセンター」を新設。同センターは約30名の体制で、ブレードサーバをはじめとするプラットフォーム製品の技術支援や、提案支援などを行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top