富士通、国内携帯メーカーで初めて「Wholesale Applications Community」へ参画 | RBB TODAY

富士通、国内携帯メーカーで初めて「Wholesale Applications Community」へ参画

 富士通は1日、携帯電話事業に関係する世界の主要な企業や団体によって組織され携帯電話のアプリケーション開発と流通を推進する非営利団体「Wholesale Applications Community(WAC)」へのスポンサー参画を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
Wholesale Applications Communityサイト(画像)
  • Wholesale Applications Communityサイト(画像)
  • WACではウィジェットについて、UIから実際のプログラミング作法まで細部が規定されている
 富士通は1日、携帯電話事業に関係する世界の主要な企業や団体によって組織され携帯電話のアプリケーション開発と流通を推進する非営利団体「Wholesale Applications Community(WAC)」へのスポンサー参画を発表した。

 WACは、携帯電話アプリケーション市場において、よりオープンなアプリケーション開発環境の構築、ならびに機器に依存しない多様なアプリケーションの提供を目指す団体。より多くの開発者が開発に参加でき、OSに依存せず広く携帯電話端末向けに配布可能なアプリケーション仕様と流通ルートを共通化すべく、世界中の通信キャリアを中心として本年2月に発足し7月に法人化された。AT&T、KT、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、SK Telecom、ボーダフォンなどが中心メンバーとして参画している。キャリアではなく、国内携帯電話端末メーカーがWACに参画するのは、富士通が初となる。

 富士通は、WACへ参画することによりグローバル規模で進む技術革新に対応した製品を他の国内メーカーに先駆けて開発するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top