ソニー、前方スピーカーだけで仮想サラウンドを楽しめるホームシアターシステム | RBB TODAY

ソニー、前方スピーカーだけで仮想サラウンドを楽しめるホームシアターシステム

IT・デジタル その他

「HT-FS3」
  • 「HT-FS3」
  • 前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現するイメージ
  • HDMI×3ほか背面のインターフェース
 ソニーは20日、前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」搭載の2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」を発表。11月21日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は23,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、価格は22,800円。また、東京・銀座のソニーショールームおよびソニーストアの名古屋/大阪にて10月21日から先行展示を行なう。

 同製品は、実用最大出力が400Wの迫力サウンドを楽しめるホームシアターシステム。同社独自のデジタル音場技術であるS-Force PROフロントサラウンドを採用し、2.1chモデルながら、仮想スピーカーから耳に届く音に加え、サラウンド空間の反射音や間接音まで再現。壁からの反射音を利用しないため、部屋の形状の影響を受けにくく、設置環境にかかわらず良好なサラウンド再生が可能になるという。

 また、同社独自のフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載しており、本体内での音質劣化を最小限に抑え、歪みのない原音に忠実な再生が可能。さらに、Blu-rayディスクプレーヤー/レコーダーとの組み合わせでBlu-rayディスクに収録されたリニアPCM(7.1ch/5.1ch)を高音質で再生。加えて、Blu-rayディスクプレーヤー/レコーダーがリニアPCM(7.1ch/5.1ch)に変換して出力ができる場合、「ドルビーTrueHD」や「DTS-HD」など高音質を楽しめるという(収録されている音声フォーマットは作品により異なる)。

 番組内容によってサウンド設定を自動で切り替え最適化する「オートジャンルセレクター」を搭載。解説の声がクリアに聞こえ、観客の歓声などがリアルに表現されてスタジアムの臨場感が味わえる「スポーツ」をはじめ、「ニュース」や「ドラマ」、「ムービー」など9種類のサウンドフィールドに対応する。

 そのほかの特長として、2系統の光デジタル音声入力に加え、HDMI入力端子を3系統搭載。Blu-rayディスクプレーヤー/レコーダーやPLAYSTATION3、衛星放送チューナー、ケーブルテレビチューナー、ビデオカメラなど、最大3つのHDMI対応機器と接続し、さまざまなコンテンツを高音質なサラウンド音声で楽しめる。また、同社製デジタルハイビジョンテレビ「BRAVIA(ブラビア)」との「ブラビアリンク」や他社製のHDMI機器など、HDMI接続による多彩な連動機能に対応する。

 デジタルメディアポート端子を搭載しているため、別売のデジタルメディアポートアダプタなどを利用することで、対応の「ウォークマン」の音楽をホームシアターシステムの高音質再生で楽しめる。また、FM/AMラジオチューナーを内蔵する。

 フロントスピーカー(1本)は、本体サイズが幅102×高さ163×奥行き77mm、重さが約0.55kg。サブウーファーは、本体サイズが幅212×高さ374×奥行き364mm、重さが約8.9kg。付属品はワイヤレスリモコン/スピーカーコード(3m)×2/光デジタルコード(2.5m)/FMワイヤーアンテナ/AMループアンテナなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top