カシオ、GPS搭載&地図情報内蔵で“旅カメラ”をうたうコンパクトデジカメ | RBB TODAY

カシオ、GPS搭載&地図情報内蔵で“旅カメラ”をうたうコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

観光地の撮影スポット情報を液晶に表示したイメージ
  • 観光地の撮影スポット情報を液晶に表示したイメージ
  • 全世界の地図データの表示一例
  • 「EX-H20G BK」ブラック
  • 「EX-H20G SR」シルバー
 カシオ計算機は19日、コンパクトデジタルカメラEXILIM」の新製品として、位置情報付きの写真撮影が可能で、地図データや観光地の撮影スポット情報などを内蔵した「EX-H20G」を発表。11月26日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品は、有効画素数1,410万画素で3型液晶ディスプレイを搭載したコンパクトデジタルカメラ。広角24mmからの光学10倍レンズを搭載し、画質の劣化を抑えてズームできる「プレミアムズーム(シングル超解像)」と併用することで、最大15倍まで1,410万画素の高画質ズームを可能にするという。

 GPS機能と、モーションセンサーによる自律測位を組み合わせた「ハイブリッドGPS」を搭載。屋外はもちろん、GPS衛星からの信号が届かない屋内でも位置情報の測位を可能とし、位置情報付きの写真をどこでも撮影することができる。また、世界約140都市と日本12都市の詳細地図を含む全世界の地図データと、約1万点の観光地の撮影スポット情報、約100万件の地名情報を本体に収録。地図上に自分の居場所や撮影した写真/動画を加えて液晶ディスプレイに表示する、あるいは、日付や時刻とともに地名を写真に焼きこむことが可能。

 これにより液晶ディスプレイで、旅行前に目的地の地図を見ながら計画し、旅行中は現在位置や目的地、撮影場所、撮影方向、移動軌跡情報を地図上で確認。旅行後には同梱のソフトを使い、PCでPicasaやGoogle Earthなどに撮影データを表示できるなど、旅行をサポートする多彩な機能を搭載する。

 そのほかのおもな機能として、シャッターを押すだけで風景や人物の美しい写真を撮ることができる先進のフルオート機能「プレミアムオート」や、360度撮影可能な「スライドパノラマ」、撮影した画像や動画を背景に本体内蔵の動くキャラクターを貼り付けて「動く写真」「動く動画」が作成できる「ダイナミックフォト」などを装備。また、最大解像度1,280×720ピクセル(フレームレート20コマ/秒)の動画撮影に対応する。

 撮像素子は1/2.3型正方画素CCD。レンズは非球面を含む10群11枚構成、焦点距離はf4.3~43mm(35mm判換算約24~240mm相当)、F値はF3.2(ワイド)~F5.7(テレ)。撮影距離は通常約15cm~∞(ワイド)、マクロ約7cm~50cm(ワイド端から1段ズーム時)、スーパーマクロ約7cm~50cm。

 保存形式は静止画がJPEG(DCF2.0/Exif 2.3準拠、DPOF対応)、動画がMOV形式、H.264/AVC準拠、IMA-ADPCM(モノラル)。記録エリアが14.5MBのフラッシュメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応する(SDカード型無線LANカード「Eye-Fi(アイファイ)」対応)。

 インターフェースはAV出力/USB/HDMIなど。バッテリはリチウムイオン充電池。本体カラーはシルバー/ブラックの2色を用意。本体サイズは幅102.5×高さ67.5×奥行き28.8mm、重さは約216g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はUSBケーブル/AVケーブス/ストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top