国内ファイルストレージ出荷容量、2009年は約600ペタバイト……IDC Japan調べ | RBB TODAY

国内ファイルストレージ出荷容量、2009年は約600ペタバイト……IDC Japan調べ

エンタープライズ ハードウェア

国内ディスクストレージシステム市場 ファイルベース/ブロックベース別出荷容量実績と予測、2005年~2014年
  • 国内ディスクストレージシステム市場 ファイルベース/ブロックベース別出荷容量実績と予測、2005年~2014年
 IDC Japanは18日、国内ファイルストレージ需要動向について発表した。これによると、国内ディスクストレージシステム出荷容量に占めるファイルベースの容量構成比は、2005年の34.2%から2009年には42.1%となり、2014年には73.4%まで上昇することが予測された。

 2009年の国内ディスクストレージシステム(外付型と内蔵型の合計)の出荷容量は、前年比5.4%増の599.9ペタバイト(PB)。そのうち、ファイルベースの出荷容量は前年比12.9%増の252.5PB、ブロックベースの出荷容量は同0.5%増の347.4PBだった。同年の国内ディスクストレージシステム売上額は、国内企業の投資抑制の影響で、前年比25.4%の大幅なマイナス成長だったが、出荷容量は主にファイルベース容量の伸びによりプラス成長となった。IT投資の落ち込みが回復する2010年以降も、ファイルベース容量はブロックベース容量を上回る成長率で増加し、2011年にはブロックベース容量を上回ると予測された。

 IDCでは、2009年~2014年における国内ディスクストレージシステム出荷容量の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を45.7%と予測した。また同期間のファイルベース容量のCAGRを62.8%、ブロックベース容量のCAGRを24.7%と予測しており、ディスクストレージシステム出荷容量の伸びをけん引するのはファイルベース容量であるとみている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top