日本ビクター、199,800円の直販限定オーディオシステム | RBB TODAY

日本ビクター、199,800円の直販限定オーディオシステム

IT・デジタル その他

オーディオシステム「EX-A250」
  • オーディオシステム「EX-A250」
  • スピーカーシステム「SX-WD250」
  • インテグレーテッドアンプ「RX-A250」
 日本ビクター(ビクター・JVC)は13日、ウッドコーン・ウーファーを搭載したオーディオシステム「EX-A250」を発表。同社直販サイト限定で10月下旬から発売する。直販価格は199,800円。

 同製品は、スピーカーシステム「SX-WD250」とインテグレーテッドアンプ「RX-A250」、DVDオーディオ/ビデオプレーヤー「XV-A250」で構成するオーディオフルシステム。SX-WD250は、木の振動板が奏でる響きがより豊かに広がる新開発の大口径14.5cmの異方性振動板ウッドコーン・ウーファーを搭載。ウーファーとツィーターに独立したスピーカー端子を装備し、それぞれダイレクトに駆動する「ダイレクトドライブ方式」の採用でワイドな音域を再現するという。

 磁気のひずみを低減するアルミショートリングと銅キャップを磁気回路に採用。また、低音の質感や音の広がりを高める三層構造の竹響板・響棒を搭載。ウッドドーム・ツィーターはネオジウム・マグネットにより駆動力を向上させた。

 RX-A250は、同社独自の「K2テクノロジー」を最適チューニングして新たに搭載。デジタル変換(デジタル化、圧縮)の際に失われた音楽情報を再生成して音質を改善。MP3やWMAなどの圧縮音源もオリジナルマスターに限りなく近い高音質で再現するという。

 また、小型で高効率のデジタルアンプを搭載。広帯域化やひずみの低減、スピーカーの制動力の改善により音質を向上。ウーファー用40W×2/ツィーター用30W×2による4chアンプバイアンプ方式に対応し、2chモードでは総合80Wのパワーを可能とした。

 なお、iPod用ドック端子を搭載しており、別売のドッキングステーションfor iPod「AC-RS5」を併用すればiPodの音楽再生が楽しめる。

 XV-A250は、高剛性ハニカム構造リブを採用したディスクトレイをフロントパネル中央に配したDVDプレーヤー。USBポートを備えており、USBフラッシュメモリやUSB対応デジタルオーディオプレーヤーを接続し、MP3/WMAファイルの再生が可能。CDの音楽をMP3(128kbps)で等速録することもできる。また、HDMI CECに対応し、CEC対応のテレビとHDMIケーブルで接続すれば、付属のリモコンの再生操作に連蔵してテレビの電源ONや入力切替が自動で実行される。

 おもな仕様として、SX-WD250は2WAYバスレフ型で2cmウッドドーム+14.5cmウッドコーン。定格入力はツィーター7.5W/ウーファー25W、最大入力はツィーター30W/ウーファー100W、定格インピーダンスはツィーター4Ω/ウーファー4Ω、再生周波数帯域は50~50,000Hz、出力音圧レベルは86dB/W・m。本体サイズは幅198×高さ326×奥行き303cm(スピーカーターミナル/サランネット含む)、重さは7.4kg。付属品は12番線スピーカーコード(3m)×4など。

 RX-A250は実用最大出力が4chでツィーター30W×2/ウーファー40W×2、2chで40W×2。インターフェースは音声入力がアナログ×3(うち1つはフロントミニ)/光デジタル×2、音声出力がアナログ/ヘッドホン(フロントミニ)/サブウーファー、ほかにiPod用ドック端子と2系統のシンクロ端子を搭載。FM/AMラジオチューナーを内蔵し、タイマー機能を装備。本体サイズは幅282×高さ96×奥行き289cm、重さは3.6kg。付属品はリモコン/FM簡易型アンテナ/AMループアンテナなど。

 XV-A250はインターフェースとして、音声出力はアナログ/光デジタル×2、映像出力はHDMI(CEC)/コンポジット、ほかにUSB端子と2系統のシンクロ端子を搭載。USBでの再生可能フォーマットはMP3/WMA/WAV(リニアPCM)/JPEG/MPEG-2/MPEG-1。本体サイズは幅282×高さ96×奥行き260cm、重さは3kg。付属品はオーディオコード(0.5m)/光デジタルコード(0.5m)/シンクロコード(1m)/ビデオコード(2m)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top