バッファロー、500GBのHDDを内蔵した録画対応の地デジチューナー | RBB TODAY

バッファロー、500GBのHDDを内蔵した録画対応の地デジチューナー

IT・デジタル その他

「DTV-H500R」
  • 「DTV-H500R」
  • 背面
  • 付属のリモコン覧
  • リモコン操作で番組録画を行なえるイメージ
 バッファローは、アナログテレビで地デジの視聴や録画を可能にするHDD内蔵の地デジチューナー「DTV-H500R」を発表。10月下旬から発売する。価格はオープンで、同社直販サイト価格は21,800円。

 同製品は、対応アンテナや電源とつなぎ、アナログテレビで地上デジタルテレビ放送を視聴できるようにするシングルの地デジチューナー。500GBのHDDを内蔵しており、目安として最大約80時間分の番組録画が可能。リモコン操作で電子番組表から録画予約に対応する。また、USBポートを備え、USB外付けHDDを接続して容量を増設することもできる。

 赤/白/黄のコンポジット接続のほか、HDMI端子を装備し、地デジ放送の視聴はもちろん、番組録画や録画番組再生も高画質のまま行なえる。また、将来的に地デジチューナー内蔵テレビを購入したあとも、外付けHDDとしての利用が可能となる。

 字幕放送や音声切替、緊急放送に対応。4:3のフル画面に地デジ映像を拡大表示する「ズーム」機能を搭載し、4:3の画面に16:9の横長映像を押し縮める「スクイーズ出力」に対応する。

 本体サイズは幅200×高さ30×奥行き150mm、重さは約560g。付属品はリモコン/コンポジットビデオ・アナログオーディオケーブル(1.5m)/ACアダプタ(1.8m)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top