富士通と東芝、携帯電話事業を統合……新会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」発足 | RBB TODAY

富士通と東芝、携帯電話事業を統合……新会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」発足

エンタープライズ モバイルBIZ

富士通・携帯電話製品ページ
  • 富士通・携帯電話製品ページ
  • 東芝・携帯電話製品ページ
 富士通と東芝は1日、両社の携帯電話事業を統合し、新会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」を発足した。

 両社は、2010年6月17日付けで携帯電話事業の統合に関して合意、7月29日に最終契約を締結し、事業統合に向けて準備を進めていた。今回、東芝が携帯電話事業を新会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」に譲渡し、富士通が新会社の株式を取得することで事業統合が完了し、富士通傘下の統合会社として発足した。資本金は4億5,000万円で、出資比率は富士通80.1%、東芝19.9%。従業員数は約350名。富士通 執行役員常務の大谷信雄氏が代表を務める。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top