エプソン、100万:1の高コントラストで黒がきれいなフルHDホームシアタープロジェクター | RBB TODAY

エプソン、100万:1の高コントラストで黒がきれいなフルHDホームシアタープロジェクター

IT・デジタル 周辺機器
EH-R4000
  • EH-R4000
  • EH-R1000
  • EH-TW3600
  • 反射型液晶パネルを採用した回路図
 エプソンは16日、ホームシアタープロジェクター「dreamio(ドリーミオ)」の新製品として、反射型液晶パネル搭載で黒表現を高めた「EH-R4000」と「EH-R1000」、明るさ2,000ルーメンの「EH-TW3600」を発表。価格はオープン。

 発売時期と同社直販サイト価格は、EH-R4000が11月下旬で649,980円、EH-R1000が11月下旬で499,980円、EH-TW3600が10月下旬で249,980円。

 3製品は解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応したホームシアタープロジェクター。インターフェースとしてSビデオ/コンポジット/コンポーネント/ミニD-sub15ピン/トリガーアウトなどのほか、HDMI端子を2系統搭載しており、Blu-ray/DVDディスク再生機やゲーム機などと接続し、高画質のまま大画面で楽しめる。さらに、EH-R4000はLAN端子を装備する。

 また、短焦点設計を採用しており、EH-R4000/EH-R1000は約3.3mの部屋の奥行きがあれば、6畳間、8畳間の部屋でも100型スクリーン投写が可能。EH-TW3600は最短約3mの投写距離で100型の投写が行なえる。

 今回の大きな特長は、EH-R4000/EH-R1000の上位2製品においてセイコーエプソン調べで8月20日現在、世界初をうたう反射型高温ポリシリコンTFT液晶パネル(Reflective HTPS:Reflective High Temperature Poly-Silicon)を搭載。余計な偏光を補正しやすく、従来の透過型液晶に比べて開口率が向上した。

 さらに、「DEEP BLACK」テクノロジーの効果で黒の再現力を高め、EH-R4000のネイティブコントラスト比は40,000:1、オートアイリスでは1,000,000:1の高コントラスト比とした。EH-R1000はオートアイリスで500,000:1としている。

 一方のEH-TW3600は、日中の明るいリビングでも十分にフルHDシアターを楽しめるモデル。EH-R4000/EH-R1000の1,200ルーメンよりも明るく、2009年10月発売の従来品「EH-TW3500」の1,800ルーメンからも輝度を高めて2,000ルーメンの明るさを確保した。また、幅広い明るさのレンジを実現する5つのカラーモードを搭載する。

 さらに、上下96%/左右47%の光学レンズシフトや、100型スクリーンで最長約6.3mの長距離投写を可能にする2.1倍ズームレンズを装備。快適な鑑賞環境を整えるフレキシブルな設置性を持つ。

 おもな仕様として、EH-R4000/EH-R1000は、3LCD Reflective方式で0.74型ワイドポリシリコンTFT反射型液晶パネル(16:9)を搭載。投写レンズは2.1倍電動ズームフォーカスレンズ、レンズシフトは上下90%/左右40%、投映サイズは30~300型。本体サイズは幅440×高さ185×奥行き405mm(突起部含まず)、重さは約9kg。付属品は電源コード(3.0m)/自照式リモコン(電池付き)/レンズカバー/HDMIケーブルクランプ×2など。

 EH-TW3600は、3LCD方式で0.74型ワイドポリシリコンTFT反射型液晶パネル(16:9)を搭載。投写レンズは2.1倍マニュアルズームフォーカスレンズ、投映サイズは30~300型。本体サイズは幅450×高さ136×奥行き360mm(突起部含まず)、重さは約7.3kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top