不況下でも伸びるTV会議、ASP型Web会議は10年間で約27倍の市場に…矢野経研調べ | RBB TODAY

不況下でも伸びるTV会議、ASP型Web会議は10年間で約27倍の市場に…矢野経研調べ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

TV会議/Web会議システム出荷金額推移(国内市場/2005~14年/億円)
  • TV会議/Web会議システム出荷金額推移(国内市場/2005~14年/億円)
  • グラフの元データ
 矢野経済研究所は6日、TV会議/Web会議システム市場の調査結果を公表した。調査期間は4月~8月で、国内・海外の主要TV会議/Web会議システムメーカーに直接面談および、電話・e-mail等によるヒアリングを実施した。

 この調査では(1)ルーム型TV会議システム(2)SI型Web会議システム(3)ASP型Web会議システムの3種類を調査。それによると2010年の国内TV会議システム市場は、不況下でも問い合わせ件数が増えているという。要因としては新規需要の他、追加需要や更新需要が増えていることがあるとのこと。これはリーマンショックにともなうコスト削減、パンデミック対策での海外出張削減などの理由が背景にある。今後も出荷金額は前年比110%弱で堅実に成長を続けていき、2014年には192億円に到達すると予測された。

 一方、Web会議システムはSI型とASP型の2つに分類される。SI型では、サーバライセンスと、サーバ機器やサーバ機器へのソフトウェアインストールなどを含め、Web会議システムを自社内で運用するためのライセンスパッケージを提供する。ASP型は、ユーザー企業にシステムを導入することなく、インターネット経由でWeb会議システムを利用するタイプとなっている。またWeb会議システム国内市場は2014年に向けて急成長を続けており、2005年の25.3億円が、2014年で123.9億円となり約5倍に成長する模様。特にASP型の市場規模は2005年の2.8億円から2014年には76.4億円となり、10年間で約27倍の市場規模に到達すると予測された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top