NECとSAP、ビジネスインテリジェンス(BI)領域で協業 | RBB TODAY

NECとSAP、ビジネスインテリジェンス(BI)領域で協業

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 日本電気(NEC)とSAPジャパンは3日、ビジネスインテリジェンス(BI:Business Intelligence)領域において、協業契約を締結したことを発表した。

 NECの中堅企業向けERP(基幹業務)パッケージソフトウェア「EXPLANNER(エクスプランナー)シリーズ」に、標準BI機能としてSAPの「SAP BusinessObjects Business Intelligence solutions」を搭載する。ERPパッケージソフトウェアに「SAP BusinessObjects BI solutions」を標準搭載するのは、国内では初。「SAP BusinessObjects BI solutions」は、シンプルな検索機能で情報をナビゲートできる「SAP BusinessObjects Explorer」、直感的で分かりやすい動的ダッシュボード機能を提供する「SAP Crystal Dashboard Design, departmental edition」、自由分析・多次元分析を簡単に行える「SAP BusinessObjects Web Intelligence」、あらゆるデータソースから定型帳票を作成する「SAP Crystal Reports」の4つの主要機能で構成されている。

 なおサービス型の「EXPLANNER for SaaS」にも、「SAP BusinessObjects BI solutions」を採用したBI機能を追加して提供する予定。

 「EXPLANNERシリーズ」は、販売・会計・人事・給与などの基幹業務領域を対象とする「EXPLANNER/Ai」をはじめ、製造業界・建設業界・食品業界など幅広い業種や業務に対応した製品で、中堅企業に多数の導入実績を有している。一方、「SAP BusinessObjects BI solutions」は、主に大企業および準大手企業を中心に導入されている。今後はBI領域において、NECとSAPジャパンの両社共同で、マーケティング・プロモーション・顧客への提案・システムの構築支援/導入支援サービスを行う。NECは、今後3年間で2,000社の中堅企業に対して、「SAP BusinessObjects BI solutions」を標準で搭載した「EXPLANNERシリーズ」の販売を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top