パナソニック、デジタル一眼用の3D交換レンズを開発! | RBB TODAY

パナソニック、デジタル一眼用の3D交換レンズを開発!

IT・デジタル デジカメ

新開発の3D対応2眼式交換レンズ
  • 新開発の3D対応2眼式交換レンズ
  • LUMIX Gシリーズのホームページ
 パナソニックは28日、デジタル一眼カメラ「LUMIX Gシリーズ」で3D撮影が可能となる交換レンズの開発を発表。年内めどの発売を予定する。

 今回開発された製品は、LUMIX Gシリーズ用として展開する2眼式交換レンズ。同社によれば、デジタル一眼カメラで3D撮影が可能となる2眼式交換レンズの開発は世界初とのこと。光学技術、画像処理技術、鏡筒設計技術により、レンズマウント径内に2つの光学系を搭載しつつもコンパクトなサイズを実現。左右のレンズでステレオ画面を構成して3D用に画像処理するシステムで、3D撮影用の特別な構造を持たないカメラでも、すぐに高画質な3D撮影ができるという。

 そのほかの特徴として、距離が近い被写体でも目に負担の少ない3D撮影が可能、動く被写体でも形状歪みや左右画像の時間差のない撮影が可能としている。

 LUMIX Gシリーズは、マイクロフォーサーズ規格に準拠したミラーレス構造のデジタル一眼カメラ。コンパクトタイプながら、デジタル一眼レフカメラのようなボケ味をいかした撮影が行なえるほか、ハイビジョン動画の撮影にも対応するなど高い画質と機能を備える。なお、現時点での対応機種は未定。
《》

関連ニュース

特集

page top