6月のツイートを「W杯」が後押し? 書込み比率が前月比17%増 ~ BIGLOBE調べ | RBB TODAY

6月のツイートを「W杯」が後押し? 書込み比率が前月比17%増 ~ BIGLOBE調べ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

6月ワードランキング
  • 6月ワードランキング
  • 6月ハッシュタグ別ランキング
  • ついっぷるトレンド「6月」ページ
 BIGLOBEは6日、Twitter(ツイッター)利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」において、6月の話題度ランキングを発表した。同社のブログ分析サービス「感゜Report(ツイッターデータ分析サービス基盤)」を活用し、ツイート(利用者の投稿)の分析を行ったもの。

 それによると、6月の日本の総ツイート数は約2億5千万件(日平均ツイート数:8,350,061件)で、5月の2億1千万件と比べ、17%の伸びとなった。また、携帯からの投稿比率は今月も増加傾向だった。

 W杯2010が開幕し、テレビ各局での驚異的な視聴率同様、ツイッター上もサッカーに話題が集中、ワードおよびハッシュタグ ランキング全20項目のうち、11項目がW杯2010関連となった。6月25日早朝には、ゴールを決めた「本田」「遠藤」ら選手の名前や、「PK・あぶ(ねえ)」といった試合進行中の叫びのほか、試合が早朝ということもあり、窓外の美しい「朝焼け」、終了後の様子を表す「渋谷」や「道頓堀」といった単語が並んだ。なお25日の試合終了ホイッスルの瞬間に、全世界でのツイート件数として過去最高の、秒間3,283件を計測したことがツイッター社からも発表されている。6月25日の投稿数は9,750,640件で、平均を大きく上回った。

 ツイートに含まれるワード(単語)の出現頻度の急上昇度合いでは、「地震」「電車」といった定番以外に、「ドイツ」「PK」「スペイン」「韓国」「イングランド」が初登場となった。また、ツイッター上で 国を表すハッシュタグ「#den」「#jpn」などをいれると、国旗が表示されることも話題となり、書込みが増えたと見られる。それ以外のキーワードでは「鳩山氏辞任」「はやぶさ帰還」「くじら(ツイッターの不調時に表示される)」などが話題を集めた。

 なおハッシュタグ別ランキングでも、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会関連の「#2010wc」、W杯応援でサッカーボールのアイコンが表示される「#worldcup」が1・2フィニッシュを決めた。

 今月は参議院選挙があり、ワールドカップほどではないと思われるが、かなりのツイートが寄せられそうだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top