監視カメラが色で異常を検知……通知&対処法を表示させる生産ライン監視ソリューション | RBB TODAY

監視カメラが色で異常を検知……通知&対処法を表示させる生産ライン監視ソリューション

カシオ計算機(カシオ)はパトライトのブースで、パトライト製のLED表示灯とカシオの光で情報を伝える技術「picalico」を組み合わせ、生産ラインなどの監視を想定したソリューションのデモ展示を行った。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
パトライトのブース内で展示されていたカシオの「picalico」技術(撮影:編集部)
  • パトライトのブース内で展示されていたカシオの「picalico」技術(撮影:編集部)
  • こちらは無数のライトがある方を生産ラインが並ぶ床側に見立て、カメラがある方を天井側と見立てた展示(撮影:編集部)
  • コンピューター&監視カメラ向け「picalicoライセンス」でのモニタリングの一例。各機械の稼働状況がひと目で確認可能だ(撮影:編集部)
  • スマートフォン向けの「picalicoサービス」で、生産ラインを見立てたライト群をカメラでとらえた際の画面。機械の状態を示す表示がされた(撮影:編集部)
  • 「温度異常」と書かれた表示をタッチしたところ、対処方法と手順がテキストで表示された(撮影:編集部)
  • さらにあらかじめ用意しておけば対処方法の動画を表示させることも可能。非常時に専門家でなくても対処できる仕組み(撮影:編集部)
 「日本ものづくりワールド2015」(東京ビッグサイトで26日まで開催)内の「第26回 設計・製造ソリューション展」にて、カシオ計算機(カシオ)はパトライトのブースで、パトライト製のLED表示灯とカシオの光で情報を伝える技術「picalico」を組み合わせ、生産ラインなどの監視を想定したソリューションのデモ展示を行った。

 「picalico」は、色の変化(赤・緑・青)によって情報を伝達する技術で、光の受信には、監視カメラやスマートフォン&タブレットのカメラを用いる。

 今回のデモ展示では、生産ライン全体を把握する監視カメラシステムという想定のもと、ラインの稼働状況を可視化。システムとしては、生産ラインを構成する各機械にLED表示灯を設置し、そこから発せられる光を「picalico」で認識させ、稼働状況をモニタリングする。

 例えば、緑が「正常」、赤が「温度異常」、青が「停止中」という設定ならば、LEDの色に応じて、監視カメラシステムのモニターには、その状態がリアルタイムで表示される。異常が検知された場合には、通知や対処法をまとめた画面、動画なども表示可能。

 監視カメラとLED表示灯を使ったライン監視の場合、目視だけでは確認しにくい部分もあったが、本技術を組み合わせることで、さらに便利で効率的に運用できるシステムとなっている。

 また、スマホやタブレットにも「picalico」は対応しており、故障やトラブルが発生した機械の様子を見に行った際など、スマホなどのカメラを機械に設置されたLED表示灯に向ければ、異常か所を素早く見つけることが可能。画面に表示された、各種警告表示などをタッチすれば、対象法を指示するテキストや、対処手順をまとめた動画を見ることも可能だ。

 現在、スマートフォン向けの「picalicoサービス」、コンピューター&監視カメラ向け「picalicoライセンス」が導入検討用ツールが無料で提供されいる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top