NTTデータ、分散処理基盤「Hadoop」の構築・運用ソリューションを提供開始 | RBB TODAY

NTTデータ、分散処理基盤「Hadoop」の構築・運用ソリューションを提供開始

 NTTデータは1日、クラウドサービス「BizXaaS」(ビズエクサース)の「クラウド構築サービス」のラインナップとして「Hadoop構築・運用ソリューション」の提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
大量データや大規模分散処理のイメージ
  • 大量データや大規模分散処理のイメージ
 NTTデータは1日、クラウドサービス「BizXaaS」(ビズエクサース)の「クラウド構築サービス」のラインナップとして「Hadoop構築・運用ソリューション」の提供を開始した。

 「Hadoop」はオープンソースの分散処理基盤ソフトウェア。利用台数に応じて扱えるデータの規模や処理能力を拡張できる利便性の高い分散処理システムを構成できる。大規模データを多数のIAサーバーに分散して蓄積するとともに、大量・複雑な計算を並列処理することでデータを高速処理できるため、行動情報、センサー情報やライフログなどの大量データを利用したビジネスなど、新領域での活用において注目されている。

 Hadoopでは、アプリケーション開発者はMapReduceフレームワークを用いて個々の分散制御を意識することなく、処理の分散化を実現できる。NTTデータは、今までに数十台~千台のサーバーで構成したHadoopシステムを提供してきたが今回、これまでに培ったHadoopの構築・運用に関する技術力をもとにBizXaaSの「クラウド構築サービス」のラインナップのひとつとして「Hadoop構築・運用ソリューション」を提供する。

 「Hadoop構築・運用ソリューション」では、大規模データを保有する顧客企業に対して、コンサルティング、システム構築、運用まで幅広く対応。HadoopとIAサーバーを活用することにより、従来に比べて比較的低いコストで分散処理システムを導入できる見込みとなっている。Hadoopが持つ分散ファイルシステムHDFS(Hadoop Distributed File System)や分散処理フレームワークHadoop MapReduceはもちろんのこと、連携して動作するHBase、Hive、Pig、Mahout、Avro、Sqoopなどの周辺プロダクトにも対応する。また、Hadoopを動作させるために必要なLinuxやJDK(Java Development Kit)などのミドルウェアも含めたソフトウェアサポートサービスも提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top