BIGLOBE、「Evernote」との連携を開始 ~ 7月からは有料プレミアムサービスも開始 | RBB TODAY

BIGLOBE、「Evernote」との連携を開始 ~ 7月からは有料プレミアムサービスも開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Evernote for BIGLOBE」サイト(画像)
  • 「Evernote for BIGLOBE」サイト(画像)
  • 無料版と有料版の違い
  • Evernoteロゴ
 NECビッグローブ(BIGLOBE)は23日、Evernote Corp.のWebアプリケーション「Evernote」の提供を開始した。

 「Evernote」は、Windows、Mac、iPhone、Android、BlackBerry、Windows Mobileなど、あらゆるコンピュータやデバイスからプラットフォームを問わずにアクセスが可能で、メモや写真データなど“すべてを記憶する”クラウド型のWebアプリ。現在、全世界で350万人のユーザーを有している。BIGLOBEでは、特設サイト上から「Evernote」を提供するとともに、BIGLOBEのさまざまなWebサービス、Webアプリと連携を強化する計画だ。

 まず、BIGLOBEのサイトにて無料版の「Evernote」を紹介、提供を開始する。さらに7月1日からは、「Evernoteプレミアム」サービスをBIGLOBE会員向けに月額498円(税込)で提供予定。無料版が月ごとのアップロード容量上限が40MBなのに対し、有料版では500MBとなるほか、Microsoft Officeドキュメントや動画などもノートに添付できるようになり、PDFファイル内の検索、ノート更新履歴へのアクセスなどが可能となる。さらに今秋には、BIGLOBE会員向けに「Evernote」の簡単登録、ワンクリックサインインといったサービス連携を強化することで、初心者でも「Evernote」を簡単に利用できる環境を構築していくとのこと。

 またBIGLOBEのさまざまなWebサービスやWebアプリを「Evernote」と連携させていくことで、「Evernote」をより便利に活用できるクラウド環境を実現していく。第一弾として、BIGLOBEが独自開発したブックマーク管理用のWebアプリ「BIGLOBEゲートβ」と「Evernote」の連携を同日より開始した。Android端末などでブラウジング中に気になったページを「BIGLOBEゲートβ」でオンライン上にブックマークすると「Evernote」に自動的に保存される。これにより、利用者は「BIGLOBEゲートβ」でチェックしたページを「Evernote」で検索・閲覧することが可能となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top