ペパボ、個人が電子書籍を制作・販売できるサービス「パブー」提供開始 ~ iPad、Kindleにも対応 | RBB TODAY

ペパボ、個人が電子書籍を制作・販売できるサービス「パブー」提供開始 ~ iPad、Kindleにも対応

エンタープライズ モバイルBIZ

「パブー」トップページ(画像)
  • 「パブー」トップページ(画像)
  • 本の作成ページ(画像)
  • 「パブー」ロゴ
 GMOインターネットグループのpaperboy&co.(ペパボ)が運営する「ブクログ」では22日、個人向け電子書籍作成サービス「パブー」の提供を開始した。

 「ブクログ」は、インターネット上に実際の本棚のようなインターフェイスで書籍やCD、DVDなどのアイテムを並べられる機能を最大の特徴とした、ブックレビューコミュニティサイト。6月20日現在で登録アイテム数1,700万超、約28万名のユーザーが利用している。新サービスの「パブー」では、電子書籍の作成・公開・販売がすべてオンラインで完結しており、執筆や販売手続きといった作業も、ブラウザ上の「パブー」管理者画面から行える。ブログを更新する感覚で操作できる本の作成画面や、難しい手続きなしでオンライン販売が始められる決済機能など、初心者にも扱いやすいインターフェイスで電子書籍出版をサポートするとのこと。

 「パブー」では、何冊でも電子書籍を作成でき、ページ内のテキスト装飾や画像貼付など、編集画面上で自由に編集できる。また、作成したページは、プレビュー画面で確認可能。作品が完成したら、書籍として公開することができ、公開された書籍は「パブー」サイト上で閲覧可能となる。書籍の完成前にページ単位で公開設定し、章ごとに連載形式で発表するといった公開も可能。書籍を公開する際に、無料公開するか有料で販売するかを選ぶことができ、。有料で販売する場合は作者自身が10円~3,000円の販売価格を決定し、販売価格から手数料30%を差し引いた70%が作者の報酬となる。また、無料で読める試し読みページも作者自身が好きな分量で設定できる。

 「パブー」で作成された書籍は「パブー」サイト上での公開に加え、電子書籍用フォーマットePubとPDF形式に自動変換されたファイルも同時に公開される。閲覧者は、ファイルをダウンロードした作品を、iPadやAmazon Kindle(アマゾン・キンドル)などの電子書籍リーダーや、iPhoneなどのスマートフォンで閲覧できる。

 「パブー」の利用料金は無料で、アカウントを作成するだけで利用可能。有料で書籍を販売する場合は別途、手数料が発生する。また、すでに「ブクログ」アカウントを持っている場合は、同一アカウントで「パブー」を利用可能。「パブー」で作成された電子書籍は、今夏には「ブクログ」上にある本棚へ登録可能になる予定で、同時に評価やレビューの登録・閲覧なども実装予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top