総務省、「クラウドコンピューティング時代のデータセンター活性化策に関する検討会」報告書を公開 | RBB TODAY

総務省、「クラウドコンピューティング時代のデータセンター活性化策に関する検討会」報告書を公開

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

報告書内容の抜粋(海外の主なデータセンター事業者の動向)
  • 報告書内容の抜粋(海外の主なデータセンター事業者の動向)
  • 報告書内容の抜粋(目次ページ)
 総務省(電気通信事業部事業政策課)は28日、「クラウドコンピューティング時代のデータセンター活性化策に関する検討会」における検討結果を、報告書として公表した。

 総務省は、日本をアジアの情報発信拠点とすることにより、電気通信事業の発展や新規サービスの創出を図り、利用者利便の向上、我が国経済全体の発展を実現する方策の検討を行うため、2009年5月から「クラウドコンピューティング時代のデータセンター活性化策に関する検討会」を開催。検討結果である報告書(案)について、3月31日~4月30日の間、意見募集を行い、提出された意見を踏まえ報告書を取りまとめたという。意見募集の結果については、14件の意見の提出があった。

 報告書は40ページのPDFファイルとして公開されており、誰でもダウンロード可能。主な内容だが、「検討の背景(データセンターおよびクラウンドコンピューティングの重要性)」「海外の主なデータセンター事業者の動向(グーグル、マイクロソフト、アマゾン、セールスフォース)」「国内データセンター活性化に向けた課題と解決策の方向性」「今後の施策展開の在り方」の4つを柱としたものとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top