女性の肌の悩み、1位は「シミ」~男性から“老けて見られる”要因にも | RBB TODAY

女性の肌の悩み、1位は「シミ」~男性から“老けて見られる”要因にも

エンタメ 調査

女性に聞いた「肌の悩み」の1位は「シミ」だった
  • 女性に聞いた「肌の悩み」の1位は「シミ」だった
  • シミ対策として行っていることは?
  • 男性に聞いた「女性の年齢が最も現れるところ」は「肌の状態」がダントツのトップ
  • 特設サイト「シミケアプロジェクト」
  • チョコラBB ルーセントC
 「チョコラBB ルーセントC」(エーザイ)は、特設サイト「シミケアプロジェクト」開設にあたり「女性の肌に関する意識調査」を実施。シミに悩む女性の実態と、男性の「女性の肌」に対する意識が明らかとなった。調査は4月22日~23日に実施、30~40代の男女各500名計1000名から回答を得た。

 まず女性に対して現在の「肌の悩み」を複数回答で聞くと、最も多かったのは、「シミ」72%で、7割の女性が悩んでいることが判明。以下、「乾燥」(63%)「くすみ」(55%)「しわ」(54%)「クマ」(41%)「肌荒れ」(32%)と続いた。さらに「最も気にしている肌の悩み」について聞くと、こちらも「シミ」と答えた人が一番多く34%にのぼった。「シミがあると老けて見えるから」(34歳・主婦)といった意見も寄せられた。

 ちなみにシミができ始めた年齢の平均は「29歳」。「地下鉄のドアガラスに映った自分の顔を見て何か付いてると思い、必死に取ろうとしたらシミだった」(36歳・営業企画)といった“泣ける”エピソードもあった。

 では、女性は「シミ対策」としてどのようなことを行なっているのか。紫外線対策や化粧品による“体の外側のケア”をしていると回答したのは78%。具体的(複数回答)には、「日焼け止めクリームを塗る」(94%)「美白化粧品を使う」(77%)といった対策をしている人が多いようだ。

 一方、“体の内側からのケア”をしているのは49%と2人に1人。内容としては、「医薬品・サプリメントを飲んでいる」51%、次いで「食生活を工夫している」(29%)「両方ともしている」(16%)という結果となった。シミ対策には、“体の外側のケア”だけでなく、食生活を工夫したり、医薬品・サプリメントを飲むことで、“体の内側からのケア”を行なっている女性が多いことがわかった。

 続いて、男性に「女性の年齢が最も現れるものは何だと思うか?」と聞いたところ、66%が「肌の状態」と回答してダントツのトップに。なんと7割近くの男性が女性の年齢が一番現れるのは「肌の状態」と感じていることがわかった。また、女性の肌トラブルの中で、最も気になるものについて尋ねると、「シワがある」(20%)に次いで、多かったのは「シミがある」(18%)。「シミがあると老けて見えるから」(37歳・会社員)といった意見も。ちなみにシミがある女性が何歳くらい老けて見えるかを聞くと、平均は「13歳」だった。シミがあるとそれだけ“老けて”見えるということだ。

 今回意識調査を行った「チョコラBB ルーセントC」関連のシミ対策特設サイト「シミケアプロジェクト」では、シミの原因から対策までを徹底ガイドし、肌本来が持つ美しさを引き出すための便利で役立つ情報を提供。同サイトでは、6月30日まで「至福の“白魔女”体験プレゼントキャンペーン」を実施中。クイズに答えて応募すると抽選で「バリ島6日間」など豪華賞品が当たる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top