モテる女性は絆創膏を持っている! 男性の半数が“恋のきっかけ”になると認定 | RBB TODAY

モテる女性は絆創膏を持っている! 男性の半数が“恋のきっかけ”になると認定

 モテる女性が普段持ち歩いている“3種の神器”が明らかになった。ニチバンの救急絆創膏ブランド「ケアリーヴ」では、絆創膏の女性と男性における携帯率の違いに注目し、その実態や女性と絆創膏に関する男女の意識差について調べた。

エンタメ 調査
モテる女性は絆創膏を持っている! 男性の半数が“恋のきっかけ”になると認定
  • モテる女性は絆創膏を持っている! 男性の半数が“恋のきっかけ”になると認定
  • モテる女性は絆創膏を持っている! 男性の半数が“恋のきっかけ”になると認定
  • モテる女性は絆創膏を持っている! 男性の半数が“恋のきっかけ”になると認定
  • ケアリーヴ
 モテる女性が普段持ち歩いている“3種の神器”が明らかになった。ニチバンの救急絆創膏ブランド「ケアリーヴ」では、絆創膏の女性と男性における携帯率の違いに注目し、その実態や女性と絆創膏に関する男女の意識差について調べた。


■モテる女性の3種の神器

 はじめに、18~29歳の若者を対象に、「普段持ち歩いているもの」を複数回答形式で調べた。上位は「ポケットティッシュ」、「ハンカチ」、「手帳・メモ帳」。「絆創膏」を普段持ち歩いているとした人は30%で、4位となった。

 「普段持ち歩いているもの」を男女で比較したところ、差が最も顕著だったのが「絆創膏」だ。「絆創膏を普段持ち歩いている」のは、男性の16%に対して女性は43%だった。これらの女性に「絆創膏を普段持ち歩く理由」を自由回答形式でたずねたところ、多く見られた理由が、「ヒールで、よく靴ずれをするから。(三重県・女性20歳)」、「水仕事を多くするため、手荒れ対策として。(広島県・女性25歳)」といった女性ならではの回答。また「誰かが必要とした時に役立つし、気遣いとしても必要。(鹿児島県・女性24歳)」というように、「自分自身ではなく、周りの人のため」という女性も多かった。

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top