ハイパーボックス、ソーシャルアプリ事業者向けサーバ「blue Box/SV-5000系」提供開始 | RBB TODAY

ハイパーボックス、ソーシャルアプリ事業者向けサーバ「blue Box/SV-5000系」提供開始

エンタープライズ ハードウェア

blue Box/SV-5000系外観
  • blue Box/SV-5000系外観
  • 専用サーバblue Box/SV-5000系 スペック概要
 ホスティングブランド「ドメインキーパー」を運営するハイパーボックスは26日、専用サーバ「blue Box/SV-5000系」のフルモデルチェンジを行い、提供を開始した。

 新しい「blue Box/SV-5000系」ではソーシャルアプリ事業者のニーズを意識し、処理能力とデータ保護性の大幅な向上を実現したとのこと。ハイスピードモデル「SV-5202」はクアッドコアのXeonを2CPU搭載しており、高い処理能力が求められるWebアプリケーションサービスでの利用 (mixiアプリなど)に適したモデル。ストレージモデル「SV-5102」は、データの保護性が高く、HDDを最大8台まで搭載できるモデル。旧モデルと比較して、処理能力が最大398%まで向上するとともに、搭載できるHDD数が最大8台になったことから、豊富なRAID構成+バックアップディスクが搭載でき、1台のサーバでデータの可用性と可塑性を実現することが可能になった。

 初期費用/月額費用は、「SV-5202」が52,500円/52,920円~、「SV-5102」が52,500円/49,140円~。またハイパーボックスではモデルチェンジを記念し、ファイアウォールの月額費用(月額10,500円相当)が永年無料になるキャンペーンと、SSLサーバ証明書「62,790円(定価)」1ID無料キャンペーンを同時に実施する。期間は4月26日~6月30日。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top