東芝ら4社、Blu-ray特許の共同ライセンスプログラムを開始 | RBB TODAY

東芝ら4社、Blu-ray特許の共同ライセンスプログラムを開始

エンタープライズ その他
Blu-rayロゴ
  • Blu-rayロゴ
  • ライセンス料金一覧
 三菱電機、トムソンライセンシング、東芝、ワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメント社の4社は8日、「BD4Cライセンスグループ」(BD4C)を設立し、Blu-ray Disc(BD)製品を対象としたBDおよびDVDの必須特許の、全世界を対象とした共同ライセンスプログラムを発表した。

 この特許共同ライセンスプログラムに含まれる特許は、DVD機能を備えたBD製品を含む、BDデコーダー、BDエンコーダー、BDプレイヤー、BD読込み専用ディスク、BD記録ディスク、BDドライブ、BD/DVDハイブリッドディスク、BDレコーダーに必須のBDおよびDVD特許となる。この特許共同ライセンスによって、4社でプールされた必須特許の一括ライセンスを受けることが可能とのこと。個別に契約することも可能。なお、この特許共同ライセンスは、Blu-ray Disc Associationによって策定されたBDフォーマットの仕様に準拠している製品が対象となる。このプログラムは3月1日付で開始されており、代表幹事企業は東芝が務める。

 この特許共同ライセンスにおいて、東芝が、4社の持つBD必須特許のライセンス活動を遂行するライセンサー業務および、日本を含むアジア、オセアニア、中東地域および北米、南米地域の交渉窓口を担当することで合意した。なお、欧州、アフリカ地域はトムソンライセンシング社が担当する。ライセンス料はBD-Videoディスクが1枚あたり0.04ドル(USD)、BD-ROMディスクが1枚あたり0.04ドル(USD)など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top