ビクター、フルHDで最長50時間録画が可能なデジタルビデオカメラ | RBB TODAY

ビクター、フルHDで最長50時間録画が可能なデジタルビデオカメラ

 日本ビクターは8日、同社のデジタルビデオカメラ「Everio」の新製品として、「GZ-HD620」を発表。12月中旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は110,000円前後。

IT・デジタル デジカメ
「GZ-HD620」(ルージュレッド)
  • 「GZ-HD620」(ルージュレッド)
  • 「GZ-HD620」(クリアブラック)
  • 「GZ-HD620」(チタンシルバー)
  • ストラップを利用した携帯イメージ
 日本ビクターは8日、同社のデジタルビデオカメラ「Everio」の新製品として、「GZ-HD620」を発表。12月中旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は110,000円前後。

 同製品は、120GBのHDDを搭載したデジタルビデオカメラ。EPモード(VBR約5Mbps)の場合、フルHD(1,920×1,080ピクセル)動画を最長で約50時間記録可能とした。本体サイズは幅53×高さ63×奥行き115mm(バッテリ含む)で、片手に収まるコンパクトサイズ。重さも約310g(バッテリ含む)と、携帯性を重視している。また、着脱式グリップベルトが付属。撮影の際には本体と手を固定するのに役立ち、持ち運ぶ際にはストラップとして利用可能となっている。

 レンズには、ハイビジョン用に開発した小型レンズの「コニカミノルタHDレンズ」を採用。光学ズームは30倍で、家庭用ハイビジョンビデオカメラとして業界最高となる(2009年12月8日現在、同社調べ)。デジタルズームは200倍となっている。また、撮像素子には、新開発された高感度の1/4.1型総画素332 万画素の「B.S. I . CMOS センサー」を搭載。これにより、最低被写体照度を従来機「GZ‐HD320/300」と比較して、9ルクスから4ルクスに改善し、これまで以上に暗所での鮮明な撮影を可能にしたという。

 従来の電子手ブレ補正機能に加え、ワイド側撮影時に効果を発揮する「アクティブモード」を備えた、「新電子手ブレ補正機能」を搭載。長時間のシーンを圧縮して記録し、短時間で再生する「タイムプラス機能」は、草花の開花するシーンといった自然観察や、空の雲の動きといった長時間の定点撮影・再生に役立つ。

 液晶ディスプレイは2.7V型ワイド。動画保存形式はMPEG4 AVC/H.264、音声保存形式はDolby Digital 2ch、静止画保存形式はJPEG。外部対応メディアはmicro SD/SDHCカード(最大8GB)。インターフェースはUSB2.0/HDMI出力/コンポーネント出力/AV出力。カラーはルージュレッド/クリアブラック/チタンシルバーの3色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top