IBM、Webページの読み上げ順を一筆書きで表現する技術を開発 | RBB TODAY

IBM、Webページの読み上げ順を一筆書きで表現する技術を開発

エンタープライズ その他

IBMのビジュアル・エディター技術のイメージ
  • IBMのビジュアル・エディター技術のイメージ
  • YouTubeでは動画によるガイドが公開されている
 日本IBMは27日、Webページの音声による読み上げ順序を、一筆書きのような滑らかな線で表示し、修正できる技術を発表した。

 日本IBM東京基礎研究所が開発した「ビジュアル・エディター技術」と呼ばれるもので、誰でも一目でWebページの読み上げ順序が理解できるよう、一般的な音声ブラウザーがコンテンツを読み上げる流れを、一筆書きのように連続した矢印で表示する。読み上げ順序を修正する際には、矢印と矢印の間を適切な場所にドラッグ・アンド・ドロップするだけで既存のコンテンツに変更を加えることなく読み上げ順序を修正できる。また、コンテンツの読み込みや読み上げ順序を1つ1つ詳細に調べたり、Webページ全体の読み上げ順序を大まかに認識することに柔軟に対応できるよう、読み上げ順序表示の粒度を調節できる。

 これにより、既存のコンテンツに変更を加えることなく、誰でも簡単にWebページ内のコンテンツの読み上げ順序を理解しやすいように修正できる。

 晴眼者にとっては視覚的に魅力的で一目でわかりやすいWebページでも、音声ブラウザーを使って理解しやすい適切な順序で読み上げられることを前提に作成されていないことが少なくない。また、表のように並列表記されたコンテンツは、視覚障がい者にとって非常に理解しにくい順序で読み上げられることが多く発生しているという。

 視覚障がい者は、読み上げられる音声を聞いてWebコンテンツを見ているため、読み上げ順序はWebコンテンツを理解する上で、大変重要な要素である。「ビジュアル・エディター技術」は、Webページの読み上げ順序の改善に加え、プレゼンテーション・ソフトで作成された資料、PDF形式で作成された文書、Flashコンテンツ、さらには携帯端末(PDA)や携帯電話などの小さな画面で既存のWebページを閲覧する際の操作性や一覧性の向上に応用することもできるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top