キャラクター型が話題に〜約3割が「中華まんでコンビニを選ぶ」 | RBB TODAY

キャラクター型が話題に〜約3割が「中華まんでコンビニを選ぶ」

エンタメ その他

コンビニ中華まんに関する意識調査
  • コンビニ中華まんに関する意識調査
 コンビニの秋冬定番フードのひとつである中華まんに今年、クマの顔をかたどったものが登場して話題となっている。そこでアイシェアが20代から40代のネットユーザーを対象にコンビニにおける中華まんについて意識調査を実施。男女566名の回答を集計した。

 回答者のうち、中華まんが「とても好き」とした人は22.1%、「どちらかというと好き」が47.2%で、『好き』派は69.3%。「好きでも嫌いでもない」を含めると『嫌いではない』とする人は91.5%に。「嫌い」な人はわずか8.5%だった。また、かわいい動物やキャラクターについては「とても好き(17.7%)」「どちらかというと好き(58.7%)」を合わせた76.3%が『好き』派だった。

 中華まんが『嫌いではない』人のうち、コンビニで中華まん購入経験が「ある」人は87.3%。購入経験者に、置いてある中華まんの違いで立ち寄るコンビニを選んだことがあるか聞いてみると、「ある」が27.9%に上った。中華まん好きの度合い別で見てみると、「どちらかというと好き」とした人では25.7%だが、「とても好き」とした人では41.0%と経験者が多い。

 動物やキャラクターの形をした中華まんが販売されていたら購入するかとの問いには、5.3%が「とても購入したい」、45.4%が「機会があったら購入するかもしれない」とし、合計で50.7%が興味を示した。興味を示した人に、今後登場してほしいと思う動物やキャラクター型の中華まんを自由回答形式で答えてもらったところ、動物では「パンダ」「ねこ」「うさぎ」「ペンギン」など、キャラクターでは「アンパンマン」「ピカチュウ」「リラックマ」「ひこにゃん」などが挙がった。

 品ぞろえ次第で立ち寄るコンビニにまで影響を与える中華まん、今後もどんな中華まんが登場するか楽しみだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top