【ビデオニュース】日本HP、「HP Mini 110」の特別バージョンを発表!オランダ人デザイナーとのコラボ | RBB TODAY

【ビデオニュース】日本HP、「HP Mini 110」の特別バージョンを発表!オランダ人デザイナーとのコラボ

 日本ヒューレット・パッカードは6日、同社のミニノート(ネットブック)「HP Mini 110」のスペシャルエディションとして「HP Mini 110 by studio tord boontije」を発表した。

IT・デジタル その他
 日本ヒューレット・パッカードは6日、同社のミニノート(ネットブック)「HP Mini 110」のスペシャルエディションとして「HP Mini 110 by studio tord boontije」を発表した。

 同社のミニノートのスペシャルエディションとしてはヴィヴィアン・タムによる「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」が注目を集めたが、今回はオランダ生まれのデザイナーであるトード・ボーンチェとのコラボによる製品だ。

 同氏は今回の作品のデザインに関して「私はHP Imprint 3Dを使用して、絶滅危惧種を含むさまざまな花と動物をあしらった、ユニークなマルチレイヤーパターンを制作しました」とコメントしている。同氏が言うように、今回の製品の特徴のひとつは、立体的に層が見える表面仕上げだ。日本HPではこれまで、日本写真印刷(NISSHA)の加飾システムを利用した技術「HP Imprint」を採用してきたが、今回の「HP Imprint 3D」はさらにそれを進化させたもので、詳細は明らかにされていない。





 主なスペックはCPUにAtom N280を搭載し、メモリは1GB。IEEE802.11b/g、WiFi準拠の無線LAN、Bluetooth(Ver.2.1+EDR)を採用。ディスプレイは量販店モデルが10.1インチHD解像度(1366×768)で、直販モデルは10.1インチWSVGA解像度(1024×600)。OSは量販店モデルがWindows XP Home Edition SP3とWindows 7 Starter搭載モデルの2種類、直販モデルはWindows 7 Starter搭載モデルのみになる。ストレージはWindows XP搭載の量販店モデルが160GB、Windows 7搭載の量販店モデルは250GB、Windows 7搭載の直販モデルが160GBととなっている。

 販売時期と価格は、Windows XP搭載の量販店モデルが10月上旬発売予定で5万円前後、Windows 7搭載の量販店モデルが10月下旬発売予定で6万円前後、Windows 7搭載の直販モデルが10月下旬発売予定で5万円前後となっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top