エリクソンとイー・モバイル、HSPA+ネットのアップグレードおよび拡張で契約 | RBB TODAY

エリクソンとイー・モバイル、HSPA+ネットのアップグレードおよび拡張で契約

エンタープライズ モバイルBIZ
 エリクソンとイー・モバイル3日は、東京、横浜、名古屋、大阪などの大都市圏でのネットワークのアップグレードおよび拡張契約に調印したことを発表した。これには、21Mbpsというピークデータ速度を実現した日本最初のHSPA Evolutionネットワークが含まれるとのこと。

 イー・モバイルの新しいモバイル・ブロードバンド・サービスは、エリクソンの高速ブロードバンドアクセス技術であるHSPA Evolution(HSPA+)によって実現されたもので、2009年7月24日にサービスを開始している。エリクソンのHSPAモバイル・ブロードバンド・ソリューションは、同社のフルサービス・ブロードバンド・オファーの一部を構成。HSPA Evolution技術ではダウンロードで80Mbps、アップロードで20Mbps以上の速度を実現している。なお21Mbpsはネットワーク・ダウンリンク時のピークレートとなる。

 コア・ネットワークおよびコアシステム・インテグレーション・サービスはすべてエリクソンから提供。また、エリクソンはイー・モバイルの既存WCDMA/HSPA無線アクセスネットワークを、HSPA Evolutionでアップグレードさせるプロジェクトやネットワーク展開サービスの、主要なサプライヤにもなっている。

 イー・モバイルのエリック・ガン代表取締役社長兼COOは「日本で最初にHSPA Evolutionネットワークを展開させることは、イー・モバイルにとって重要な布石となります。エリクソンのHSPA Evolution技術により、日本最速レベルで最先端のモバイル・ブロードバンド・ネットワークが実現され、お客様に本当の意味のモバイル・ブロードバンド・エクスペリエンスを体験していただくことができます。」とのコメントを寄せている。

 一方、日本エリクソンのフレドリック・アラタロ代表取締役社長は「イー・モバイルの21 Mbpsのサービスが始まり、モバイル・ブロードバンドのユーザ・エクスペリエンスが大幅に向上して、新しいビジネス・チャンスが切り開かれるものと確信しています。このように画期的なサービス開始の一端を担うことができたことは、エリクソンにとって大きな誇りです。今後も最新の技術とサービスを用いてイー・モバイルをサポートしていきます。」とのコメントを寄せている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top