KDDI、船舶用衛星通信サービス「イリジウムOpenPortサービス」(仮称)を提供開始 | RBB TODAY

KDDI、船舶用衛星通信サービス「イリジウムOpenPortサービス」(仮称)を提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

月額基本料金
  • 月額基本料金
  • 利用イメージ
  • 端末写真
  • 実際の設置例
 KDDIは31日、イリジウムの衛星通信としては初めて、船舶用小型アンテナと主装置を使用して、3回線の電話と最大128kbpsのデータ通信が同時に利用できる「イリジウムOpenPortサービス」(仮称)を発表した。9月1日より提供を開始する。

 「イリジウムOpenPortサービス」では、複数の電話とデータ通信を同時に利用できるため、船内の業務効率化を図れるとのこと。イリジウムの衛星通信サービスは、上空780kmを周る66基の周回移動衛星を使用して、北極・南極を含むほぼ全世界で利用可能で、低軌道周回移動衛星ならではの、遅延の少ない自然な会話が特徴となっている。また、料金はデータ通信の速度ごとに月額基本料金を設定。月額5,000円(免税)に抑えた9.6kbpsプランのほか、月額基本料金と無料音声通信、無料データ通信をセットにしたプランが用意されている。なお日本籍船でサービスを使用する場合には、包括免許人であるKDDIとの契約が必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top