富士通、「認証印刷ソリューション」を提供開始 〜 紙からの情報漏えい防止と印刷のコストダウンを実現 | RBB TODAY

富士通、「認証印刷ソリューション」を提供開始 〜 紙からの情報漏えい防止と印刷のコストダウンを実現

エンタープライズ その他

Interstage Print Manager (インターステージ プリント マネージャ)の製品概要図
  • Interstage Print Manager (インターステージ プリント マネージャ)の製品概要図
 富士通は26日、安心安全ソリューション「SafetyValue(セーフティバリュー)」のあらたなラインナップとして「認証印刷ソリューション」の提供を開始した。

 「認証印刷ソリューション」は、ICカードを利用することにより、印刷時の情報漏えいを防ぎ、印刷コストを削減するためのソリューション。技術的な対策が取りにくいヒューマンエラーに起因する事故への対策として、ICカードと専用ソフトウェアによる「認証印刷ソリューション」となっており、富士通のソフトウェア「Interstage Print Manager」、富士通アドバンストエンジニアリングのソフトウェア「EcoGate Print for Print Manager」とICカードリーダにより構成される。本ソリューションでは、利用者がプリンタに設置したICカードリーダにFelicaなどの対応カードをかざすことで、はじめて印刷が実行される。利用者自身が認証をしないと印刷されないため、印刷物の置き忘れや紛れ込みなどによる情報漏えいを防ぐことができる。

 また、導入において、プリンタメーカーや機種の統一は不要で、ICカードリーダを設置するだけで既存の印刷環境をそのまま活用できる。印刷環境や情報はプリンタサーバで一元管理される。これにより、低コストで環境にやさしい印刷システムの構築ができると同時に、印刷情報のレポート出力により、無駄の見える化による運用コストと紙の削減に貢献することもできる。さらに、印刷時に選択したプリンタが故障や混雑などで待機となった場合、あらためて印刷を指示せずに、他のプリンタで認証をするだけで印刷することも可能となっている。主要プリンタメーカーのドライバを利用することで、プリンタメーカーや機種による印刷のズレに対しても心配する必要がなくなり、プリンタ機種固有の機能(2up印刷、ステイプル)なども含めて、フルに活用することができるとのこと。価格は、Interstage Print Manager Standard Edition V9が30万円、EcoGate Print for Print Managerが30万円、ICカードリーダが4万円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top